• カラー
  • カラー技術に関するコンテンツ
  • HOME
  • 記事
  • カラー
  • 西海指南2013 其の十三「タンパク変性毛の対応について」、最近思うこと。

西海指南2013 其の十三「タンパク変性毛の対応について」、最近思うこと。

西海指南 2013

bnr_nishigai_shinan

こんにちは。西海です。

其の十三「タンパク変性毛の対応について」について最近思うこと。

タンパク変性の話は、いろいろの回答があるかもしれないのですが、僕的な回答は、タンパク変性とは、毛髪と薬剤のケミカルの化学変化の状態をタンパク変性と思っています。

色が出ないとか明るくならないとかは、毛髪内部にあるタンパクや水分が欠落していて反応するタンパクが無い状態なのだと思います。

色が発色するにも、毛髪内にタンパクが無く、色が出ない状態だと、色も明るさも出ないと思います。

髪が明るくなるのも、明るく染まっているのでなくて、黒い髪からメラニンが反応して色が薄くなって明るく見えてるだけだと思います。

ご質問はこちら

関連記事一覧