知識人と美容師を繋ぐソーシャルウェブマガジン

美歴マガジン記事一覧 » 『若い男性美容師さんを受け入れる瞬間3つ』− Around40女子の裏顔コラム− Vol.03
2014.08.28 Thu
『若い男性美容師さんを受け入れる瞬間3つ』− Around40女子の裏顔コラム− Vol.03
広島で美容室特化型の営業サポートをしております。石原かおりです。
ニュースでもご存知のように広島は8月19日の豪雨災害でたくさんの犠牲者を出し、土砂崩れ現場では行方不明の方の捜索が続いています。
お取引のあるサロンさんでも浸水により営業ができない状態になったりと、夏休みでサロンがにぎわうこの時期、本当に悲しいです。

広島の美容師さん、がんばっています。ぜひ応援してください。

気を取り直して、今回のコラムに入ります。
若手の男性美容師さんは自分より年上の女性の施術に入る際、とても緊張するとよく聞きます。今回は、“はじめの一歩である”受け入れる瞬間についてのポイントを3つ挙げてみました。


1.スタイリッシュである

 抽象的ではありますが、第一関門と言ってよいと思います。
最近では「人は見た目が9割」なんて本や、「第一印象はコミュニケーションの入口として大事な要素」というテーマの本もたくさん出ています。

具体的に言えば、
・清潔感がある
・嫌味のないセクシーさがある(年齢よりちょっとの大人っぽさ)
・体を覆う目的以外のちょい足しがある(ポケットチーフだったり、蝶ネクタイだったり)


2.姿勢・立居振舞がスマート

 鏡に向かっているときは、大抵のみなさんは姿勢がよいのですが、お客様から離れた瞬間、オフモードになり、「普段のオレ」が表れることがあります。
 
以下はガッカリポイント。ほかのすべてが良くてもこの減点は大きい。
・足を引きずってあるく
・口が開いている
・物を投げる、扱いが雑
・ダルそうに歩く

会社で部下を持つ世代は外でもチェックが厳しい。
そして美容室は鏡が多いので観察し放題。見られてますよー。
お客様の席を離れた後の立居振舞で、「あ、これが本性ね」と思ったりします。


3.観察したことを直接でなく間接的に言葉にする

若いと得をすることもある。「若いのに」という意味です。
美容室にいる間はキレイになることにアンテナをビンビン張っています。施術中、雑誌を見ているお客様がどのページに目を留めているか見てみてください。

化粧品、ファッション、ダイエット。。。
「あ、それ気になりますよねー」のひと言より、手が止まっているページの掘り下げを会話に入れてみてください。
「あら、見てたのかしら?やるねー。」と思われることうけあい。
例えばそれについての知識なんかがあると最高。
お客様から、
「●●ってどうなんですか?」など質問がきたら、
“あなた(美容師)を受け入れましたよ”のOKサイン。

いかがでしょうか?
すぐに取り入れられそうではないですか?
まずは小さな一歩から。小さな一歩でも続ければ大きな成長に。
ではまた(^^)/