知識人と美容師を繋ぐソーシャルウェブマガジン

美歴マガジン記事一覧 » 「Around40女子の裏顔コラム」 Vol.01 『オトナ女子とひとくくりにしないでチョーダイ♡』
2014.06.08 Sun
「Around40女子の裏顔コラム」 Vol.01 『オトナ女子とひとくくりにしないでチョーダイ♡』
広島に住む、“半”熟女。石原かおりです。
コラムニスタとして、美容師さんにとってお役に立つ情報を発信していきますけぇ、よろしゅう頼んます。


さて、多くの美容師さんとお話をしていると、最近、顕著になっている傾向があります。
それは、アラフォー以上のオトナ世代への店販意欲。
みなさん、とっても熱心に勉強されてます。
(スバラシイ!)


ただ、当然ながら悩みだって多いもの。


「一応、ご説明はするけど、クロージングに躊躇してしまう」
「商品をご紹介するきっかけが掴めない」



ふむふむ。なるほど。
特に若い世代のスタッフさんは、相手が年上というだけで緊張してしまいますよね。


「無理にオススメして失客したら。。」
「断られたらどうしよう。。」



そうそう。たしかに怖いですよね。


ただ………、
キャリアのほとんどが営業職(営業大好き女)の私からすれば、売れる営業がお客様から嫌われるか、と同じくむしろ好かれるんです。

好かれるから売れるのか、売れるから好かれるのか。
その人を信頼してくれるからこそ、買ってくださるわけで、ひとつの商品を通して、ますます絆が深まります。

商品は売上げを上げるための手段でもあり、信頼関係を作るツールと考えてみてはいかがでしょうか?
とはいえ、頭っから断られることだってあります。
そんなときは、

“営業なんて、断られてナンボじゃ!”

と割り切るしかありません。
(無理におススメするのはNGですよ)


近頃、「大人女性とは」的な学びの場も多くありますが、

若い人たちよ、

“大人女性”

というものをひとくくりにしちゃあいませんかい?


たとえば、
30代後半から40代半ば(大人レベルAとでもしましょうか)と、40代半ばから50歳くらいまで(大人レべルBとでもしましょうか)のいわゆる「大人女性」。


彼女たちは、生きてきた時代が違うんです。
私は40代前半ですが、40代半ば以降の友達の羽振りのいい消費っぷりに度胆を抜かれたことが何度もあります。


この2世代の女性たちは、消費行動に考え方の差はあれど、

「消費することが大好き!」

なのです。


つまり、納得のいく解説&説明でオススメできれば、信頼度がアップして関係性がグンとよくなる確率も高いんです!


自分たち(美容師さん)と、お客様とでは生きてきた(いる)時代背景が違うんですから、消費に対しての意識がまったく違って当然。


相手を理解しつくせば、失客につながるまでのリスクって極少なんです。


次回は、

<大人レベルA>と<大人レベルB>

について解説しますけぇ♪