知識人と美容師を繋ぐソーシャルウェブマガジン

美歴マガジン記事一覧 » ちゃんと読んでいますか?Google ドライブの利用規約
2014.01.23 Thu
ちゃんと読んでいますか?Google ドライブの利用規約
「丸と一輝のITどうでしょう?」の“丸”です。

このコンテンツでは、毎週ITについてのお役立ち情報を美歴を運営するIT企業“パイプドビッツ”の”丸”と”一輝”がお送りします。

コンテンツの一部を軽くご紹介します。

  • ・おすすめアプリ
  • ・知らないと危ない!?セキュリティ情報
  • ・おすすめスマートフォン
  • ・作業効率が上がる周辺機器!!
  • ・恥ずかしくて聞きづらい、この言葉ってどんな意味?

こんな感じです。皆さんにご意見を頂きながら、出来るだけ役に立つIT関連情報になるよう頑張っていきます。


第34回は
「ちゃんと読んでいますか?Google ドライブの利用規約」です。


it_140123




皆さん、Google ドライブというサービスはご存知でしょうか?

今や知らない人はいないと思われるGoogleが提供している無料のオンラインストレージサービスです!



ちなみにオンラインストレージとは、簡単に言えばインターネット上にあるデータ置き場です。

普段PCやスマホ、タブレットなどに保存しているデータをオンラインストレージサービスに保存することで、別の端末からもすぐにデータの利用ができるようになります。ですので、多くの方が利用していると思われます。



オンラインストレージで有名なDropboxを利用されている方もいらっしゃるかと思いますが、Google ドライブはただデータを保存するだけでなく、Google ドライブ上でWordやExcelのようなファイルの作成・編集もできます!



その他にもいろいろな機能があり便利なGoogle ドライブですが、利用規約には予想外のことが書かれています。



ITサービス以外でも、何かのサービスを利用する時は規約というものが付いています。

その多くが長く、難しい文で書かれており、そのためほとんどの人が読まずに同意しているのではないでしょうか?

ですが、規約を確認せずに同意をするのは大変危険な事です。



Google ドライブの利用規約には以下の一文が記載されています。



本サービスにユーザーがコンテンツをアップロードまたはその他の方法により提供すると、ユーザーは Google(および Google と協働する第三者)に対して、そのコンテンツについて、使用、ホスト、保存、複製、変更、派生物の作成(たとえば、Google が行う翻訳、変換、または、ユーザーのコンテンツが本サービスにおいてよりよく機能するような変更により生じる派生物などの作成)、(公衆)送信、出版、公演、上映、(公開)表示、および配布を行うための全世界的なライセンスを付与することになります。このライセンスでユーザーが付与する権利は、本サービスの運営、プロモーション、改善、および、新しいサービスの開発に目的が限定されます。”(Google利用規約より抜粋)



(; ̄O ̄)えっ…?!



簡単に言うと、「“私がGoogle ドライブに保存したデータは、GoogleがGoogleのサービスで勝手に使ってもいいですよ!”と同意した」ということになるです。サラッとすごいことを書いていますね。





美容師の皆さんの場合、この規約に気付かないとこのようなリスクがあります。



Risk 1 ~アンケート~

お客様にアンケートを書いていただき、結果をGoogle ドライブに保存している場合、もし「アンケートに書かれたことを第三者に公開しない」「アンケート結果は当美容室のサービス向上にのみ利用します」などといった一文がアンケートに記載されていた場合、Googleのサービスに提供することになり、訴えられる可能性があります。



Risk 2 ~写真~

施術後にお客様の写真を撮らせていただいた際、Google ドライブに保存してしまうと、Googleのサービスに勝手に利用され、お客様からの信頼を大きく損ねる可能性があります。




なお、Dropboxなどの他のサービスではこのような規約は書かれていないので、もしGoogle ドライブに外部公開できないデータを保存している場合は速やかに移動した方がいいかと思います。



ただし、“このライセンスは、ユーザーが本サービス(たとえば、ユーザーが Google マップに追加したビジネス リスティング)の利用を停止した場合でも、有効に存続するものとします。本サービスの一部では、ユーザーがそのサービスに提供したコンテンツにアクセス し、それを削除する方法が提供されることがあります。” (Google利用規約より抜粋) という一文もあるため、Googleに確認してみたほうがいいかもしれません。





日常的に使っている企業のサービスであっても意外な落とし穴があります。

大切な情報を扱う際にはどんなに手間がかかってもしっかりと規約を読み、問題がないか確認をして、安全なサービス利用を心がけていきましょう!



<今回ご紹介したサービス>

Google ドライブ : https://www.google.com/intl/ja/drive/about.html


感想お待ちしています!!


ご質問はこちら