知識人と美容師を繋ぐソーシャルウェブマガジン

美歴マガジン記事一覧 » ビューティ•コーディネーター検定とは?
2013.09.18 Wed
ビューティ•コーディネーター検定とは?
これまで数回にわたり、ビューティ・コーディネーターの仕事について、紹介してきました。今回は、そもそも、ビューティ・コーディネーターになるにはどうしたらよいの?どうやって勉強したらよいの?という点について、くわしく解説いたします。


サロンをマネジメントできる人材

ビューティ・コーディネーターについて、すこしおさらいです。

ビューティ・コーディネーターとは、お客様のライフスタイルからメイク、ネイル、店販商品などをトータルでアドバイスできるようにすることで、美容室を「トータルできれいになる場所」へと導く存在です。
また、顧客の視点に立ち、美容の知識を持ってカウンセリングし、フロアのマネジメントもできる人材です。

そのため、ビューティ・コーディネーターには、店販売上やトータルビューティなどへの誘導売上への貢献、次回予約やクレーム客をファンにすることができる対応力、お問い合わせから予約に結びつける提案力など、サロンの顔として適切な対応ができるたくさんのスキルが求められます。


1級から3級まである、ビューティ・コーディネーター検定

美容業に携わる多くの人たちが、上記のようなスキルを身につけ、サロンマネージャーとしてあらゆるニーズに応えられる人材となるよう、JBCAは、「ビューティ・コーディネーター検定」という資格制度を作りました。

jbca3


JBCAが定める「ビューティ・コーディネーター検定」は、1級から3級まであります。
現在は、2級と3級の検定試験を年2回、ペーパーで実施しています。3級と2級に求められる力については、以下の通りです。

3級:「業務の基礎が身に付いており、サロンの顔としてお客様に適切な対応ができる」
ビジネスマナーや接客の基本、顧客管理の基礎などを中心に出題します。合格率は約80%程度です。

2級:「ビューティ・コーディネーター知識を、実際のカウンセリングに応用できる」
サロン・オペレーションの基本知識やカウンセリングの基本から応用などを中心に出題します。3級合格者が受験でき、合格率は約40~50%程度です。

この検定を通じて学んだ知識は、サロンワークで活用することができます。


ビューティ・コーディネーター検定、11月に実施

3級と2級のビューティ・コーディネーター検定を2013年11月11日(月)(関東は12日(火))に実施いたします。

すでに検定を受けたことのある方はもちろん、美歴マガジンを読んで、ビューティ・コーディネーターをもっと詳しく知りたい、勉強したい、という方もぜひこの機会にチャレンジしてみてください。

出願〆切は、2013年9月30日(月)です。詳しくはJBCAホームページをご覧ください。

JBCAホームページ
http://www.jbca.jp/user_data/bc_kentei