知識人と美容師を繋ぐソーシャルウェブマガジン

美歴マガジン記事一覧 » クリームチークで”おたまじゃくし”を描くとあっという間に秋メイク! クリームチークの力は無限大!
2013.08.05 Mon
クリームチークで”おたまじゃくし”を描くとあっという間に秋メイク! クリームチークの力は無限大!
こんにちは。
山中悠里です。

前回に引き続き、クリームチークを使ったメイクのhow toをご紹介します♩

今回使うのは、こちら↓

image(1)
NARS ザ マルティプル #orgasm

クリームチークの元祖! ともいえるこちら。NARSの定番色のこの色は頬以外にも、目もとや口もとなど、マルチに使えてとても便利です。

ゴールドの細かいラメが入った、コーラルオレンジは肌をキレイに見せてくれます。

柔らかめのテクスチュアなので、このまま肌にのせても、指でとっても、スルスル伸びて加減しやすいです♩

前回は夏にぴったりな日焼け風チークをご紹介しましたが、今回は晩夏~秋口にむけてぴったりなチークの入れ方を伝授します!

それは、ズバリ。

image

頬骨からコメカミまで、おたまじゃくしのようにクリームチークで直接描いて、その周りをぼかします。
(写真でうまく見えなかったため、今回もペイントでご説明します。)

ポイントは、黒目の下から伸ばすこと!

黒目を越えて鼻の方から伸ばしてしまうと、日焼け風に見えてしまい、秋ではなく、真夏っぽくなってしまいます。

コメカミまで伸ばすことは、自然と顔がリフトアップして見える&秋色シャドーがキレイに映える、というメリットがあります♩

秋色シャドーについては次回お話ししますね。

クリームチークの力は無限大!
ぜひ皆さんもお試しあれ。

市川さちと山中悠里の beauty labo Facebookページ

ご質問はこちら