知識人と美容師を繋ぐソーシャルウェブマガジン

美歴マガジン記事一覧 » 真夏の太陽に映えるチークテクをご紹介!
2013.07.22 Mon
真夏の太陽に映えるチークテクをご紹介!
こんにちは。山中悠里です。

実はわたし、無類のクリームチーク好き。

単品だと湯上りのようにほんのりした血色感をプラスでき、ツヤのある仕上がりに。その上からパウダーを重ねれば効果は無限大となります。

持っている中でも特にお気に入りがこちら。

cheek_all


右上から時計回りに
◆Addiction stick cheekのdamaskrose、tea rose、sentually
◆REVLON photo ready(日本未発売)
◆CANMAKE cream cheek #10、11
◆ポール&ジョー クリーミィチークパウダー 02


普段パウダーチークのみの方には是非ともクリームチークをベースに使っていただきたい。パウダーの発色がよくなり、さらに持ちもUPするのでおすすめです。

今日はクリームチークとパウダーを使った、夏の太陽の下で映えるチークテクをご紹介します♪

まず、クリームチークを涙袋の下から目の形にそって頬骨の上まで広げます。使うのはこちらのオレンジチーク。

cheek_orange


鼻の上も両頬のチークからつなげると、日焼けしたようでかわいいですよ。そして最後に、頬の高い位置に濃いピンクのチークを重ねます。

cheek_pink


おすすめは、NARSのangelika。発色がよくて、ラメの輝きも綺麗です。

cheek_yuuri


わかりやすく、図にしてみました。ぜひ参考にして、夏を思いっきりenjoyしましょう♪

市川さちと山中悠里の beauty labo Facebookページ

ご質問はこちら