• ニュース
  • HOME
  • ニュース
  • ベーシックアイテムブランドが2014年春夏に生まれ変わる!「ワールド ベーシックス」として新たなスタート発表!

ベーシックアイテムブランドが2014年春夏に生まれ変わる!「ワールド ベーシックス」として新たなスタート発表!

近年ベーシックアイテムが人気上昇中のなか、新たに人気アパレルブランドワールドが2014年春夏から、ベーシックアイテムブランド「ワールド ベーシック(WORLD BASIC)」をリブランディングし、ブランド名やコンセプトも新たに「ワールド ベーシックス(WORLD BASICS)」としてスタートすることを発表した。 

今までのベーシックアイテムの商品開発強化を図るため、ブランド全体の横断型ブランドとして「ワールド ベーシック」をスタートし、カットソーやシャツ、パンツなどの定番アイテムをストア店舗及び通販サイト「ワールド オンラインストア」で展開していた。
しかし一方では、世の中には安価で価格競争力の高いベーシック商品が多数存在し、それらとは一線を画したファッション企業として提案する「ベーシック」とは何かの議論を続けてきた。その結果、2014年春夏から、「更新するベーシック」を新たなコンセプトにながれゆく時代の中で、普遍的なモノを踏襲するにとどまらず、「今求められるベーシック、そして未来に残って行くベーシックアイテム」を提案するブランド「ワールド ベーシックス」へと進化させ新スタートを切ることに決定。新たにブランド名も「ワールド ベーシックス(WORLD BASICS)」に変更し、変更後のブランド名につけた複数形の「S」には、一品一品を大事に扱い、未来に残っていくベーシック商品を積み重ねて行きたいという開発の思いを込められている。

今後は、株式会社ワールドのストアや通販サイト「ワールド オンラインストア」での販売に加えて、セレクトショップ等への卸販売も視野にいれて展開予定。

なお「ワールド ベーシックス」の先行発売をパリの人気セレクトショップ「メルシー」が、9月3日(火)から21日(土)に開催する素材をテーマにしたイベントにポップアップストアで行う。先行販売する商品は、西インド諸島産の最高級コットンを紡績する過程で生まれる「落ち綿」を日本の高い技術力で撚り、さらに柔らかくラフな風合いを持つコットンウエアとなっている。

■「merci(メルシー)」
2009年、高級子供服ブランド「Bonpoint(ボンポワン)」のオーナーでもあるコーエン夫妻が、パリのマレ地区にオープンしたセレクトショップ。「モード×社会貢献×ライフスタイル」をコンセプトに、1500㎡の店内で、シックでカジュアルな日用品や洗練されたデザインの雑貨などを展開。収益の一部は、チャリティとして社会へ還元されている。

■ワールド ベーシックス概要  ※2014春夏より同ブランド名に変更。
「商品構成」
 2013年秋冬商品 レディス 85%、メンズ 10%、キッズ5%、
 2014年春夏商品 レディス 75%、メンズ 15%、キッズ10%

「サイズ展開」
 レディス 3サイズ (S~L) ※ボトムは一部5サイズ展開(SS~LL)
 メンズ  4サイズ (S~LL)   
 キッズ  3サイズ (110cm、120cm、130cm)
                   
「価格帯」()内は中心価格
 プルオーバー ¥1,470~¥12,000 (¥1,900~¥3,900)
 シャツ   ¥4,700~¥8,900 (¥4,900~¥6,900)
 パンツ   ¥5,900~¥15,000 (¥ 5,900~¥8,900)
 ニット   ¥4,900~¥1.5000 (¥ 4,900~¥7,900)
 アウター ¥19,000~¥35,000 (¥19,000~¥35,000)

■ワールド オンラインストア
http://store.world.co.jp