知識人と美容師を繋ぐソーシャルウェブマガジン

美歴マガジン ≫ ニュース一覧 » 理容料金が久々に上昇 <理美容市場動向・2013年6月>
2013.07.30 Tue
理容料金が久々に上昇 <理美容市場動向・2013年6月>
政府が2013年7月26日発表した6月の理容美容関係の市場動向によると、理美容サービス(中分類)の物価指数は99.6で前月より0.1ポイント改善したが、前年同月比は0のままだった。

前年同月比は5ヶ月連続して「0」。現在が「底」の状態と推定できるが、「底」からなかなか抜け出せない。理美容サービスは、平成23年3月以降、28ヶ月連続して100を下回っている。

総合指数(生鮮食料品を除く)は前月に続き100.0だった。円安によるエネルギー関係など輸入品の値上りが影響した。前年同月比は0.4で、1年2ヶ月ぶりにプラスに転じた。 円高影響を除くと、日本経済はデフレ状況から脱していないと分析する専門家は多い。

小売物価統計調査の理美容関連項目は、デフレ経済下に陥って以降、値動きの乏しい状態が続いている。理容は長期にわたり緩やかな下降傾向が続いていたが、久々に前年同月比プラスになった。ヘアカラーはホームユースとの競合もあって、値下がり傾向にある。またエステティックは、この3ヶ月は値動きはないが,前年同月比はマイナスのまま推移しており、不況の影響を強く受けているようだ。

【消費者物価指数(理美容)/6月】
<2013年7月26日発表>

総合理美容
指数100.099.6
前年同月比0.40.0

パーマ、ヘアカット、理容などを含む中分類データ。
総合は生鮮食料品を除いた消費物価。
基準年は平成22年。

‥‥‥‥‥‥‥‥

【小売物価統計調査/6月】
<2013年7月26日発表>

料金前月比前年比
理容3,54745
パーマ7,811549
カット3,317216
カラー5,587▼244
エステ11,5120▼94

*都市別料金を単純平均した数値
*前年比は前年同月比
提供:理美容ニュース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。