• ニュース

パーマネントウエーブ用剤生産量が1割減

平成30年 薬事工業生産動態統計年報(概要)
平成28年、同29年と2年続けて増加していたパーマネントウエーブ用剤が平成30年は1割を超えて落ち込んだ。厚生労働省は2019年8月30日、「平成30年 薬事工業生産動態統計年報の概要」を公表。パーマネントウエーブ用剤(第一剤)の生産量は、チオグリコール酸含有(チオ)、システイン含有(シス)、縮毛矯正剤合わせて292万8千リットルとなり、前年より35万1千リットル(-10.7%)減少した。