• ニュース

老化対策への研究開発に画期的な研究

タカラベルモントは東京工業大学などと共同研究で、iPS細胞から作製した皮膚を放射線により老化を再現させ、老化が皮膚などに及ぼす影響を明らかにした。2019年7月29日、同社が発表した。化粧品分野への研究開発のほか、毛包内の幹細胞が老化によるヘアサイクルに及ぼす影響や、メラノサイトの老化による白髪の発生メカニズムの解明など多方面での研究に貢献するものと期待される。