• ニュース
  • HOME
  • ニュース
  • 新しいものを作ろうとしないクリエイティブの考え方–「THE」水野学、中川淳、鈴木啓太、米津雄介 2/2【INTERVIEW】

新しいものを作ろうとしないクリエイティブの考え方–「THE」水野学、中川淳、鈴木啓太、米津雄介 2/2【INTERVIEW】

■六本木、イセタンサローネでは「最高峰」を提案したい

――6月10日からイセタンサローネTHE CORNER@ISETANでは、上質なギフトをテーマにしたセレクトでプロモーションを展開中です。どのような基準で、「THE」のアイテムをセレクトされたのでしょうか

水野:僕は、イセタンサローネには、ものすごく高価なものがあってもいんじゃないかなと思ったんです。1個2,000万円くらいの花瓶とか。それは、ある種の美術館のようでもあり、ある人はそれを実際ポンポン買っていく。イセタンサローネに参画する意味を鑑みて商品をセレクトしました。六本木って、本当に東京の中心なんですよね。その東京の真ん中で、信頼されている百貨店である伊勢丹さんと僕たちが何をやるべきかを考えましたね。「THE」であると同時に、ある意味での「最高峰」のものをプレゼンテーションしたいなと考えました。実現できなかったものもありますが、保安上置ける範囲で最高峰のものを選んだつもりです。