• ニュース

資生堂、毛髪再生医療の本格研究に着手

カナダのバイオベンチャー企業レプリセル社と技術提携

資生堂は5月16日、カナダのバイオベンチャー企業RepliCel Life Sciences Inc.(レプリセル ライフ サイエンス社)の「毛髪再生医療技術(RCH-01)」導入に関し、人口21億人を擁する日本を含むアジア全域を対象とした技術提携契約について同社と基本合意したことを発表した。

今後、レプリセル社の毛髪再生医療技術と資生堂の技術を組み合わせ、専門医とも連携することで、脱毛症や薄毛に悩む人々に美容と医療を融合した安全で有効な毛髪再生医療の事業化を5年をめどにめざすという。

美容と医療を融合し、再生医療分野に本格的に参入

レプリセル社は、再生医療の研究開発、毛髪および腱の再生医療(細胞医療)の研究開発ベンチャー企業で、研究開発した成果を事業会社にライセンスで提供することを目的とする。

今回、資生堂が導入するレプリセル社の技術は、レプリセル社が10年以上におよぶ基礎研究や臨床研究を経て、安全性が担保された世界最先端の毛髪再生・特許技術。患者(脱毛症や薄毛に悩む方)の頭皮から採取した特定の細胞を培養した後、脱毛部位に移植(注入)、脱毛部位の損傷した毛包を再活性化させ脱毛部位の健康な毛髪の成長を促すという、再生医療において、免疫拒絶などの副作用や安全性面から現在主流となっている「自家細胞移植技術」。

現在、国会では、政府の「成長戦略」のひとつである医療分野において、再生医療の発展に向けた法律の制定や、医療機器の審査・上市を今より早める薬事法の改正について審議が進められており、資生堂も極めて高い成長が見込まれるこの分野に本格的に参入するとしている。

【参考リンク】
資生堂 ニュースリリース
http://group.shiseido.co.jp/releimg/2159-j.pdf