• ニュース

美容室の看板は「売上アップ」の役割も

8.サロン店舗看板の基礎知識(全8回)その1

この章では、売上をアップさせる看板についての知識を整理してお伝えします。

mikan150_2

8-1.看板の役割

最初に質問です。
「看板は、なんのために付けますか?」
答えには、「店名がわかるようにするため」「通行人に目立つように」「なんとなく」「お店の顔」などなど、ほんとうに沢山の言葉が並ぶでしょう。
この章では、看板には「売上アップ」をさせる役割があること中心に置いて、お話しをすすめてゆきます。
とはいえ、通常、サロンの店舗デザイン、設計、内装工事を行う過程で、看板だけにクローズアップして打合せが進行することはほぼありません。
弊社においても、サイン(店舗ロゴ)の設置を、ファサード全体のなかでどう視覚的に効果があるように設置するかに留意するのが一般的な工程です。
ファサードが視覚的で、サインと調和していたらなら、それで十分目立ちますし、集客効果もあると考えているからです。
ではなぜ、「サイン」ではなく「看板」としてこの章をもうけたのか?
それは、看板にいろいろな種類、使い方、連動のさせ方、使うと効果のある時期があり、開業時に自分でやっておいたほうがいいことと、開業時にお金をかけたほうがいいこと、そして開業後に考えることに分けて、優先順位をご自身で判断いただけるようになっていただきたいからです。
この看板の章が、看板について、ご自身の段階に応じた取捨選択基準になれると嬉しいです。

71794e4973b2849d7a13b92615e24d6f

サインのついたファサード。店名ロゴだけをシンプルに配置し、あえて業種を載せないことで、通行人に中をのぞいてもらう意図がこめられています。
次回は、「看板の基礎知識」その2です。どうぞお楽しみに。
(著作:和田美香 「初めての美容室独立開業工事110番(http://salonopen.com)」サイトでも、ブログやメルマガ執筆中)。

「理美容ニュース」

http://ribiyo-news.jp/