• ニュース

総合調髪料金への支払金額は3214円

「美容センサス2013上半期」(リクルートライフスタイル・ビューティ総研)によると、男性が理容店の総合調髪料金に支払ったは平均3214円で、総務省の調査(3543円、*)より329円安く、料金に対してはシビアなのがわかった。

理容・総合調髪料金は、総務省の調査では3543円だが、全理連が組合員を対処にした調査では3667円(理容統計年報、平成23年のデータ)と組合員店の方がやや高い。しかし、利用者が支払った料金は平均3214円で、利用者は安い店を選んで利用している。

年齢層別(注意・参照)では、年齢の若いM1層は3402円支払っているが、M2層は3198円、M3は3128円でM1層より安い。オシャレ意識の高い若い層ほど、理容に多くの金額をかけている。

リピートしてもよいと思う金額は平均3377円で、実際の支払金額と163円の差がある。いま受けているサービスは、プラス163円までなら許容できる、ということだろう。
これにも年齢層別に差があり、M1層では3479円、M2層は3376円、M3は3325円となっている。

この調査では、カット単品についても調査しており、支払った料金は1989円だった。リピーとしてもよいと思う金額は2222円で、差額は233円あり、許容範囲は総合調髪より多額だった。

(*)総務省の全国小売物価統計調査を単純平均した数値で、平成24年の平均料金。

【注意】
M1:20歳~34歳
M2:35歳~49歳
M3:50歳~64歳

【調査概要】
調査目的
女性・男性それぞれの過去1年間における美容サロンの利用実態と自宅でのケアの実施状況を把握し、美容に対する意識をとらえること

調査方法
インターネットによるアンケート調査
株式会社コンピューター・プランニング・リサーチの「CiM-Net」アンケートパネルを利用

調査対象
全国、人口20万人以上の都市に居住する20~64歳の男女
女性:計5400サンプル
男性:計900サンプル
※人口20万人以上の都市の人口比率によってエリア毎の割付数を決定
※男女それぞれ、年齢5歳刻みで均等割り付け

調査実施時期
2013年3月1日(金)~3月7日(木)

調査実施機関
株式会社アンド・ディ

「理美容ニュース」

http://ribiyo-news.jp/