• ニュース
  • HOME
  • ニュース
  • 男をすごくダメにしてしまう「女性のなんでもない習慣」4パターン

男をすごくダメにしてしまう「女性のなんでもない習慣」4パターン

女性が付き合う男性によって、良くもなれば悪くもなるように、男も、付き合う女性によって、左右されます。
「去年まですごくよくはたらくいい男だったのに……なんか、急に人が変わったね」。あなたの彼がこういう評価を受けているとすれば、それは女性であるあなたの習慣に問題があるかもしれません。たとえば以下のような習慣です。

(1)1日1回は、彼にかならずメールをさせる

1日1回のメールなど束縛のうちに入らない。こう主張するのは女性の自由ですが、男はこういうのを束縛と感じてしまう生きものです。
束縛された男は、それが嫌で暴れだすか、さもなくば、あなたが満足するていどに生きていけばいいやと考えます。あなたが「もう●●君ってダメね。今月も10万円しかお給料ないの」と甘やかしつつ、束縛していたら、男はいつまで経っても10万円以上は稼ぎません。

(2)男の金銭トラブルを女性のお金で解決する

彼氏が賭け事やキャバクラで使ったお金(キャッシング・カードローンなど)を、彼女であるあなたの貯金で埋める……というようなことをすると、男は「また埋めてくれるからいいや」と思って、ますますお気楽に賭け事に興じたり、キャバクラに行ったりするのです。

(3)物分りが良すぎる

「打ち合わせに出かけてくるから遅くなる」と言って、夜の9時に出かける男は、きっとキャバクラに行っています。鵜呑みにしている女性はかわいそうですが、ここで「なんでこの時間から打ち合わせなの?」「え? そんなん1,000円だけ持っていけばいいやんか」などと言い合わないと、どんどんすれ違いカップルになりますし、男はダメンズ化します。

(4)だらだらとHしている

男って、ハッキリ言えばHしたいときにさせてくれる女性であれば、たいていどんな女性であっても付き合います。
運良く、それなりに愛し愛されている関係で付き合うなり結婚するなりした後、いつまでも彼(旦那)の求めに応じて、彼がしたいときにHしていると、男はどことなくダメ男になってきます。
Hは常に男にとってご褒美的な位置に置いておくほうが、男はよく働くと思われます。