• ニュース
  • HOME
  • ニュース
  • 理美容だって無関係ではない、「TPP すぐそこに迫る 亡国の罠」

理美容だって無関係ではない、「TPP すぐそこに迫る 亡国の罠」

TPPへの加盟を決めた安倍内閣、7月には正式に会議に参加する見通しだ。TPPといえば関税や農業分野ばかりが報道されているが、ISD条項によっては理容美容業界の根底を覆す事態になるとも限らない。いまだに不明な事項が多いTPPについて、衝撃的に解明した本が発行された。「TPP すぐそこに迫る 亡国の罠」(郭洋春・著)がその本。

「TPP すぐそこに迫る 亡国の罠」
著者の郭洋春氏は立教大学経済学部長。米韓FTAに詳しい著者が、米韓FTAを強化したものといわれるTPPについて、米韓FTAをベースにして解き明かしたのが本著。
米国主導で、しかも各所にトラップが仕組まれた協定に、いま韓国は窮地に陥っている分野が多く、危ういTPPへの日本の加盟に警鐘を鳴らす。
なお、先ごろ東京都美容組合専務理事に就任した村橋哲矢氏がエディトリアル・ディレクターとして編集に参加している。
発行所:三交社
四六判、264ページ、1500円(税別)
アマゾンから購入できる。

「理美容ニュース」

http://ribiyo-news.jp/