• ニュース
  • HOME
  • ニュース
  • 極上の「無重力睡眠」で体にストレスを感じさせない【 新Zero-Gシリーズ 】誕生!

極上の「無重力睡眠」で体にストレスを感じさせない【 新Zero-Gシリーズ 】誕生!

2013年6月11日(火)に、【「テンピュール®Zero-G」無重力の日イベント】が都内にて開催されました。
会場には、ゲストとして同日に誕生日を迎えられた山口もえさんと、睡眠医学に詳しい早稲田大学スポーツ科学学術院助教の有竹清夏先生による「睡眠」をテーマにしたトークが行われました。

また、会場内にはテンピュール社が打ち出す「無重力睡眠」体験で新型Zero-G 400をはじめ、Zero-G シリーズの体験コーナーが設けられていました。

年々増加する睡眠障害

テンピュール・ジャパンの吉永寛子セールス/マーケティングマネージャーによると、日本人の5人に1人は正常な睡眠を取れていないとのこと。(厚生労働省の調査/平成19年)
また、海外においてもアメリカでは睡眠障害を抱える人が4千万人を越えるとされています。(フィスカル・タイムズ調べ)
このような背景から、良質な睡眠への意識が高まりつつあります。

無重力睡眠がもたらす効果とは?

人間の体に対して圧力が掛からずにストレスを感じない状態というのは、母親のおなかにいる胎児の状態に近いとされています。
また、スペースシャトル乗組員5人が協力した研究によると、地上では「平均いびき時間」が睡眠時間の16.5%を占めていたのに対し、宇宙空間の睡眠では0.5%にまで激減したというデータもあります。(『American Journal of Respiratory and Critical Care Medicine誌8月号より』)

これをベッドの上で体感できるのが「テンピュール®Zero-Gベッドシステム」なのです。
元々、ロケット打ち上げ時の強烈な重力を緩和するために開発されたテンピュール製マットレスと、内蔵されたモーターによる角度設定(頭部約15度&脚部約38度)で、体に掛かる負荷を限りなくゼロに近づける「Zero-Gポジション」との融合によって極上の睡眠が実現されます。

スマホ連携も可能!様々なグレードアップもポイント!

以前よりもさらに静音に徹したモーターを採用することで、睡眠を妨げない静かな動きを実現しており、待機電力もほぼゼロに近づけています。

さらに、Zero-Gシリーズの上位モデルであれば、オプションでBluetooth通信アダプターを利用してスマホやタブレット端末上からリクライニングなどの「ベッド操作」が可能になります。

このように、拡大していく市場の中で、Zero-Gシリーズは「極上の睡眠+α」の挑戦をし、新たな市場を開拓していくことでしょう。

参考:Zero-Gシリーズ