• ニュース
  • HOME
  • ニュース
  • 東京都美容組合が第64回総代会上程議案をすべて可決

東京都美容組合が第64回総代会
上程議案をすべて可決

東京都美容組合は2013年5月28日、東京・代々木の美容会館で第23回通常総会を開き、150人の総代を選任するとともに、新たに選任された総代で第64回総代会を開き、11に及ぶ上程議案をすべて承認、可決した。

承認された案件は、平成24年度事業報告、同収支決算、平成25年度事業計画、同予算、理事・監事の選任など。
24年度決算は、収支2億9万円余で、前期繰越金に当期余剰金105万円を合わせ、1億2036万円を次期に繰り越した。25年度予算は収支1億9856万円余を計上した。
総代会冒頭、挨拶に立った金内光信東京都美容組合理事長は、東京都美容組合が独自に行っている、まつ毛エクステンションの認定制度、求人募集事業、事業協同組合の3事業について報告し、「組合は傘下サロンが安心して、しかも安定的に営業できるようサポートしていきたい」と語った。

「理美容ニュース」

http://ribiyo-news.jp/