• ニュース
  • HOME
  • ニュース
  • 明治からスポーツ後に飲んで健康に導く新機能性のミルク、発売

明治からスポーツ後に飲んで健康に導く新機能性のミルク、発売

(プレスリリースより)

たんぱく質をアップした乳飲料

株式会社 明治の「明治スポーツミルク乳たんぱく質UP」を全国で2013年7月15日から発売する。内容量は200mlで、スポーツ後に手軽に飲める乳飲料だ。

今年の3月に発売された「明治スポーツミルク」は体の基礎代謝や筋肉の力を強化させ、健康な体を作るためには、スポーツの後の乳たんぱく質を体内に取り込むことが大事であることに注目して発売された。今回の商品は3月に発売された「明治スポーツミルク」や普通の牛乳よりも、乳たんぱく質の量をさらに多くしたパーソナルタイプの商品となっている。

カロリーは200ml (1本)あたり114 Kcalで、低脂肪のタイプだ。またパッケージは主な栄養成分が一目でわかり、ミルクが注(そそ)がれているイラストが、消費者の飲みたい気持ちを引き出すようなデザインとなっている。

乳たんぱく質の効果

牛乳に含まれているたんぱく質を乳たんぱく質という。必要・アミノ酸の中の3つ(ロイシン、バリン、イソロイシン)の総名のBCAAが豊富に含まれている。BCAAは筋肉のエネルギーの動力源になるただひとつの必要・アミノ酸である。

スポーツバッグに入れてどこにでも持ち運びできるサイズで、飲みやすいスッキリとした味わいなので、スポーツや体を動かした後に簡単に飲むことができる。

【参考リンク】
▼ 株式会社 明治
http://www.meiji.co.jp/corporate/pressrelease/2013