• ニュース
  • HOME
  • ニュース
  • 対策は欠かさないで!美肌の大敵・シミは動脈硬化とも関連

対策は欠かさないで!美肌の大敵・シミは動脈硬化とも関連

女性はシミが大きいほど動脈硬化も進行

美肌を保つため、防ぎたいのはシミの発生。顔にできていると、それだけで見た目年齢も上がってしまいがちだ。紫外線が強いこの季節には、とくに対策が欠かせない。そんな美容の大敵であるシミは、女性にとって外見だけではなく、健康面でも危険なサインなのだという。最新の調査研究で明らかになった。

この報告は、愛媛大学医学部の研究グループが行ったもので、それによると、中高年の女性では顔のシミと動脈硬化に関連がみられたのだそうだ。詳しい研究結果は、4日から大阪市で開催される日本老年医学会で発表される予定となっている。

愛媛大学医学部皮膚科学教室の助教、宮脇さおり氏らは、同大学附属病院 抗加齢・予防医療センターで検診をうけた女性169人を対象に、超音波検査で頸動脈の動脈硬化の状態を調べたという。そして、デジタルカメラで撮影した顔の映像から、シミの総面積やシワの長さ、肌の明るさ、キメの細かさ、毛穴など、あらゆる肌状態を詳しく解析したのだそうだ。

すると、女性では他の肌状態と動脈硬化の関連性は確認されなかったのに対し、シミの総面積の大きさだけは、その進行と関連していることが判明した。また、この関連性が確認されたのは女性においてだけで、男性では関連が見られなかったという。

毎日の基本ケアが大切!将来のために今から対策を

健康にも美容にも大敵となれば、よりしっかり対策を施したいところ。そもそもシミは、長い間紫外線を浴び続けたことによる肌ダメージで、紫外線は肌のターンオーバーに欠かせない美肌のカギ、コラーゲンも破壊してしまう。そのため、防衛反応でつくられたメラニン色素が過剰となってしまうほか、うまく排出されずに色素沈着を起こして、シミとして見えるものになってしまうのだ。

だからこそ、まず基本となるのは紫外線対策。こまめに日焼け止めを使用したり、日傘を使うなどして浴び過ぎないようにしたい。そして、意外に見落とされがちなのは保湿をしっかりとすること。十分な保湿ケアが行われていると、ダメージを受けた肌の修復も促してくれるから、浴びてしまった後のケアにも予防にも効果を発揮する。化粧水やクリーム、パックなどで乾燥を防ごう。

このほか、ビタミンCを毎日しっかり摂取する食事で、内側からの美白効果を促すことも欠かせない。また、うっかり紫外線を浴びて日焼けのひりひり感を感じたら、すぐに冷やしてクールダウンすることがポイント。その後、念入りに化粧水やクリームでうるおいを補ってやることで、シミになるのを防ぐことができる。

シミは急にできるものではなく、肌ダメージの蓄積によって生まれる。だからこそ、基本的な毎日のケア、早めの対策が大切だ。将来のためにもシミをブロックし、健康美をキープして。

【参考リンク】
▼愛媛大学医学部皮膚科学教室
http://www.m.ehime-u.ac.jp/school/dermatology/

▼愛媛大学医学部附属病院 抗加齢・予防医療センター
http://www.m.ehime-u.ac.jp/hsp/aagc/