• ニュース
  • HOME
  • ニュース
  • 哀しく燃え尽きる夏の恋にならないために「脇をウエットにするべき」理由 とは?

哀しく燃え尽きる夏の恋にならないために「脇をウエットにするべき」理由 とは?

夏の訪れとともに始まる恋は、セミのように夏の盛りに激しく呼びあい、秋風が吹く頃にぱたっと終わりを告げる。
こんな哀しすぎる世間の定説を覆して、夏が終わっても末永く意中の彼と過ごそうと思えば、蒸し暑い夏であっても保湿をしておかないといけないものがあります。
いったいなにを保湿してあげると夏の恋は長続きするのか? について、今回はご紹介したいと思います。
さっそく見ていきましょう。

恋心

暑いからと言って、プチ自暴自棄になって冷たいものを飲みまくるとか、スレた女性よろしく半裸状態のお洋服で街をウロウロしていては、恋は短命に終わるというものです。
冷たいものを飲み過ぎると、骨盤のバランスが崩れて、太りやすくなる、あるいは自律神経が乱れてお肌がボロボロになると言っている専門家の先生がいます。
また、男性は女性の露出が好きであると一般的には言われますが、物事なんでもそうですが、程度問題ですからほどほどに……ということでしょう。
暑くても恋心に熱い日本茶でも与えて、ほどよく渋く、ほどよくウエットな女性らしい気持ちでいたいものです。

お顔

湿気の多い夏場は、洗顔後、化粧水だけをつけて、ベタつきが気になる乳液をつけない女性もいるかと思います。
肌の角質層への保湿は、暑い/寒いに関係なく、年中おこなってあげないと、次第に乾燥肌になるか、脂性っぽい肌になると言われています。肌は常に適量の皮脂を出し続けていますが、化粧水のみのケアに頼って油分を与えないでいると、肌は皮脂を大量に出してみずから保湿しようとします。秋になったら脂性になって顔が常にテカルということでは、意中の彼は幻滅するかもしれません。

あまり知られていないことですが、脇も、たとえワキガ症であったとしてもお顔と同じで保湿命です。
たとえば脇のニオイが気になる女性の場合、さらっとしたドライタイプのデオドラント製品を使用することがあるかと思いますが、肌を乾燥させると皮脂が出てきます。皮脂が出てくれば、余計に臭ってくることもあります。
脇のニオイは、汗と皮脂などが混ざり合って生まれるものなので、脇をドライに保つのではなく、ほどよく保湿をすることで脇のニオイ対策をするのがベター。

そこで今回おすすめしたいのが『ラポマイン』。

天然の消臭剤である柿渋エキス配合で、ニオイの原因菌を分解しつつも、デオドラント製品特有のニオイを感じさせません。ニオイをカットするパワーは、消臭剤でよく使われる茶カテキンの25倍もあり、ニオイの97.7%をカットしてくれるのだとか(個人差はあります)。
また、シナノキやオワバクなど7種類の天然の植物エキスも配合されており、この成分が肌を安心・安全に保湿してくれます。よって、余分な汗や皮脂、垢の発生を抑えてくれて、いつもいい香りのする女性に!

使用感として「ベタつかない」「クリームの白い跡が残らない」「洋服につかない」「すぐ乾く」などといったポイントも、女性にとって非常にうれしいですよね。
長いあいだワキガに悩んでいる女性はもちろんのこと、ちょっとニオイが気になるな……という女性も、是非お使いになって、夏の恋を長く続けてみてはいかがでしょうか。

某大手化粧品口コミサイトなどでも売上1位の『ラポマイン』は赤ちゃんの肌にも使える天然成分で開発されている、お肌が敏感な女性やお子様に優しいジェルクリームです(無添加・無臭デオドラント/医薬部外品)。今ならなんと90日間返金保証キャンペーンを実施中です。
⇒ニオイ対策の革命児!?肌のメカニズムに沿って開発された「ラポマイン」

【参考】
株式会社ハーバーリンクスジャパン「ラポマイン」
▼PC
http://a1.adstore.jp/site/c?k=R0EKVQ
▼スマホ
http://a1.adstore.jp/site/c?k=0jA9nA

【イメージ画像】
by:golfmania