• ニュース
  • HOME
  • ニュース
  • 低迷続く 理美容サービス <理美容市場動向・2013年4月>

低迷続く 理美容サービス <理美容市場動向・2013年4月>

政府が発表した2013年4月理容美容関係の市場動向によると、理美容サービス(中分類)の物価指数は平成23年3月以降、26ヶ月連続して100を下回るなど依然、低迷が続いている。

総合指数(生鮮食料品を除く)は円安による輸入品の上昇もあって、99.8と3ヶ月連続して改善したが、理美容関係は前述の通りだ。しかし前年同月比では0が続いており、現在が底の状況で、これから改善するものと期待したい。
家計調査では、理美容サービスは全般に振るわない。カットは低料金店の影響を受けてか、1回当たりの支払金額が低下し、前年同月比は大幅に落ちこんだ。
世間ではアベノミクス効果に期待感が高まっているが、政府の統計を見る限り、理美容市場は厳しい。

【消費者物価指数(理美容)/4月】
<2013年5月31日発表>

総合 理美容
指数 99.8 99.6
前年同月比 ▼0.4 0.0

パーマ、ヘアカット、理容などを含む中分類データ。総合は生鮮食料品を除いた消費物価。基準年は平成22年。

‥‥‥‥‥‥‥‥

【小売物価統計調査/4月】
<2013年5月31日発表>

料金 前月比 前年比
理容 3,544 1 0
パーマ 7,809 8 48
カット 3,316 ▼7 14
カラー 5,598 6 52
エステ 11,512 0 ▼6

*都市別料金を単純平均した数値
*前年比は前年同月比
‥‥‥‥‥‥‥‥

【家計調査/4月】
<2013年5月31日発表>

前年比
理容 ▼14.5
パーマ ▼4.7
カット ▼15.7
美容総合 ▼12.3

*前年比は前年同月比
*家計調査は「二人以上の世帯」の支払金額を元に算出

「理美容ニュース」

http://ribiyo-news.jp/