• ニュース
  • HOME
  • ニュース
  • ポーラ化成、肌老化の仕組みを解明!改善効果をもつ素材も発見

ポーラ化成、肌老化の仕組みを解明!改善効果をもつ素材も発見

肌のしわやハリ・弾力のなさの引き金はここにあった!

ポーラ・オルビスグループのポーラ化成工業株式会社は24日、年齢を重ねることで、真皮線維芽細胞がもつ代謝システムである「オートファジーサイクル」が停滞することを発見、これが“肌老化”につながる仕組みであることを見出した。さらにこの「オートファジーサイクル」の停滞を改善する作用をもつ素材も発見したという。

オートファジーサイクルは、細胞がもつ代謝システムの1つで、細胞のなかで古くなったタンパク質やミトコンドリアなど、不要なものを膜で隔離した後、膜内部の包みこまれたものを分解し、再生のための原料を供給している。今回の同社の研究では、加齢によりこの働きが停滞すると、不要物を包み込んだ膜構造物が細胞内に蓄積するほか、コラーゲンなどの真皮を作る成分の産生低下を引き起こすことが判明。さらにエネルギー産生に必要なニコチンアミドアデニンジヌクレオチドの産生も低下させることが分かったそうだ。

このオートファジーサイクルのはたらきに関しては、近年、がんやアルツハイマー病などの疾患との関連が示唆され、注目度の高い研究領域となっているが、肌のハリや弾力、しわとの関連など、美肌をキープするうえでも重要な働きをしていると考えられるという。

停滞改善には「アマチャエキス」が有効!

そうなると気になるのは、どうすればこの「オートファジーサイクル」を停滞させずに、働かせるよう促すことができるかという点だ。それが分かれば、肌老化と称される、さまざまな肌悩みを解決できる可能性がある。

そこで、ポーラ化成工業も、停滞作用を改善させる機能をもつ素材の探索を行ったそうで、その結果、最終的に効果があると分かったのは、「アマチャエキス」だったという。

アマチャは、ユキノシタ科アジサイ属の植物で、葉は甘茶の原料として使われるもの。このアマチャエキスを添加し、オートファジーサイクルのスムーズさを調べたところ、停滞を改善する作用が働いていることが確認されたそうだ。

この最新の研究結果は、2012年10月15~18日開催の第27回国際化粧品技術社会連盟南アフリカ・ヨハネスブルク大会、および2013年5月17日~19日に開催された第10回オーストラリア皮膚科学会において発表されたそうで、今後は、2013年秋にも、株式会社ポーラから発売される化粧品に、その成果を反映させていくとしている。

【参考リンク】

▼ポーラ化成工業 プレスリリース
http://www.pola-rm.co.jp/pdf/