• ニュース
  • HOME
  • ニュース
  • この夏は浴衣を着て出かけよう!ラフォーレ原宿でバラエティ豊かな浴衣を展開

この夏は浴衣を着て出かけよう!ラフォーレ原宿でバラエティ豊かな浴衣を展開

もうすぐ暑い夏、いつもとは違う「和」を取り入れたお洒落を楽しむのはいかがだろうか。

ラフォーレ原宿では、7月1日(月)~7月23日(火)の期間、パンクでド派手な江戸前浴衣でおなじみの和装ブランド「月影屋」や、旅する着物作家やまもとゆみの初めてのプレタポルテブランドである「yamamotoyumi plus」など個性溢れる浴衣を展開する。またラフォーレ館内の「fur fur」や「CAROLINA GLASER」もオリジナル浴衣を用意。

yamamotoyumi plus (ヤマモトユミ プリュス)
「yamamotoyumi plus」は2001年から展開しているオートクチュールブランド「yamamoto yumi」をデザインするやまもとゆみがプラスアイデアで展開する新ブランド。今回初展開となるプレタ浴衣は全てオリジナルデザイン。今回の期間限定ショップでは限定の浴衣やアイテムを展開する他、お好きな台と鼻緒を組み合わせた下駄のセミオーダーも出来る。また、期間中は30,000円以上お買い上げのお客さまに「着付けサービス」や浴衣、帯をお求めのお客さまには「ワンコイン(500円)着付けレッスンチケット」をプレゼント。

月影屋 (ツキカゲヤ)
パンクでド派手な江戸前浴衣でおなじみの和装ブランド「月影屋」が今年もラフォーレ原宿に登場。型は本場「伊勢型紙」、染めは伝統工芸「注染」仕立ては「手縫い」という職人の技術に裏づけされたクオリティと色気のある世界観は今年も健在です。今年の月影の浴衣は縁起物の「熊手の浴衣」、江戸前な「ひら清の浴衣」、遊び心が光る「トランプの浴衣」など拍力満点の柄を展開。また、スワロフスキーシリーズの帯は例年にもましてギラギラ度をアップ。浴衣以外にもスカジャンや鯉口シャツなどの月影度の高いアイテムも販売。更に今年は月影屋の子供浴衣ブランド「月影☆BABY」がデビュー。期間中は、日本舞踊名取でもあり着物関連の執筆も多数ある井嶋ナギさんの一日店長イベントや月影浴衣スナップ大会など楽しいイベントも実施予定。