気を使う人と気が遣える人の違い

使うと遣うの意味の違い

日本語には、同じ読み方でも違う意味になってしまう言葉があります

例えば・・・

●供える
●備える

これは、そなえると読み同じ読み方をします。

しかし!間違って使ってしまうと意味が変わります

そなえると意味を変えるみる例題



例1 私はお墓に花を供える

例2 私は雨の災害に備える


では、漢字を反対にして文章を作り変えると?

例1私はお墓に花を備える。

例2私は雨の災害に供える。


この文章だとちょっと漢字のニュアンスが変わっただけで少しちがう意味になってしまいます

例1では、お墓に花をそなえておく、準備をするみたいな文章になり

例2では、雨の災害がおさまるようにお祈りをしているような文章になってしまいます

このように、日本語には言葉のチョイスを変えるだけで、文章や言葉の意味の深さも伝わり方も変わってしまうので

しっかりとした言葉の使い方が大事になります

では、今日のお題の使うと遣うの違いはどんな状況で使いる意味なのでしょうか?


******************
この記事は会員限定無料コンテンツとなります。

会員でない方は、美歴会員登録をすると、続きが閲覧できます。すでに会員の方はログインを、会員でない方は新規登録を行なってください。

関連記事一覧