知識人と美容師を繋ぐソーシャルウェブマガジン

美歴マガジン記事一覧 » 『基本を大切にしないヤツは成功しない、は本当か?』
2014.10.27 Mon
『基本を大切にしないヤツは成功しない、は本当か?』
みなさん、こんにちは。
美容師名鑑編集部 BirekiMagazine編集部 石渡です。

よく「基本を大切にしろ」って言われますよね。私も若手編集者、若手ライターのときに、「基本を軽んずると上手な仕事はできない」と先輩から言われたものです。恐らく多くのビジネスにとって”基本”というものはもっとも大切なファクターになのだと思います。美容師さんはほかの職業よりも、より技術的な要素が強い職業ですので、この「基本を大切に」とは一生をかけて引き継がれるキーワードなのではないでしょうか。

もしそうだとするなら。「そうそう」とあなたが思ったのであれば、ひとつ質問をさせてください。

「基本とは何ですか?」

とある書籍を読んでいて、この問いをぶつけられたときは、一瞬、止まってしまいました。編集者であれば原稿?情報収集力?構成も校正も同じくらいベーシックなテクニックであり、必要不可欠な要素です。では、”基本”とは何なんだろう……。

その本では、基本についてこう解答を与えています。



「基本とは継続しないと結果に繋がらないこと」

なるほど。膝を叩くとはこういうことを言うのでしょうか。まさにその通りですね。年齢や経験を重ねて行くと基本が見えなくなる。なぜ見えなくなるかというと様々な角度から結果が入ってきてしまうし、経験からも結果に繋げるテクニックを知ってしまっているから、だと思うのです。こう考えると、ちょっとしたテクニックや経験で得た結果は、基本ではなく、収益(結果?)獲得のテクニックに過ぎず、それは長持ちしない可能性が高いということなのだと理解するわけです。

広告やポータルサイトにがっつりと費用を出して集客するのはテクニックであり、長続きしないですよね、継続的に支払い続けないと。しかしブログやSNS、もちろん自社のホームページはとっても時間はかかりますが、そこから集客に繋がったお客さんは、また同じルートをたどって帰ってきてくれる。(ま、理想論でもありますけど)

ポータルサイトとSNSがテクニックと基本という区別はとっても乱暴ではありますが、もし部下や後輩に対して基本を大切にしろ、というのであれば、何が基本で、何がテクであるかの区別をつけて教えてあげたほうが、アドバイスを受けるほうもわかりやすいのか、と思ってしまったわけです。

もちろん継続的な基本が直接的な結果に繋がらないことも多々あるでしょうが、間接的に様々な副次的な結果に繋がっていること、そして継続してきた努力をしっかり見てあげて評価してあげることが大切なのだと思うわけです。

技術者の世界はそんなに甘くないよ、なんて声も聞こえてきそうですが、もっと厳しく、激しい、世界の金融やコンサルティングの業界では、このような考え方をする企業がトップ企業として優れた人材を世界経済に排出しています。そんな基本的な考え方が人を育てていくのかもしれない、と自分を戒めながら思ってしまったわけです。

株式会社パイプドビッツ
美歴カンパニー
美容師名鑑編集部
BirekiMagazine編集部
兼任編集長 石渡武臣