知識人と美容師を繋ぐソーシャルウェブマガジン

美歴マガジン記事一覧 » 『共感と反発のあいだで……成長への一歩を探す。』
2014.10.08 Wed
『共感と反発のあいだで……成長への一歩を探す。』
みなさん、こんにちは。
美容師名鑑編集部 BirekiMagazine編集部 石渡です。



『共感と反発のあいだで……成長への一歩を探す。』

技術職に限らないかもしれません。
特に歳を重ねるほどに強く感じることですが、
何かを指摘されると感情的になってしまう。

技術のこと、強く思っていること。

ずっと自分が正しいと思ってきたからかもしれません。
ずっと一生懸命に学んできたからかもしれません。
そんなとき、
誰かに自分のことを指摘されると、
どうしても感情が入ってしまう。
感情的に反発してしまう。

よくよく考えると、本能的に反発するってことは、
図星なことが多いんですよね。

感情的になってしまうと……、
その状態では見るべきものが見えなくなってしまう。

人間だから感情が入るのは致し方ないことです。

しかし、
誰かから得た指摘は
一度、受け入れるべきだと思うのです。

なぜか。

自分で自分のことは見えない。
自分で自分のことを見えるようになるには、
時間がかかってしまう。

それが正しい指摘でも、
正しくない指摘だとしても、
とても多くの時間を省いてくれるはず。

いっときの感情で、
その指摘を拒否してしまうと、
きっと多くの時間を浪費することになるのだと。

ただ、
指摘のすべてを受け入れるのではなく、
飲み込んだら、それを精査する。
自分に必要なものか、
実践すべきものか、
違う視点から検討し直せるか、
どうしてそういう指摘をされたのか、
それに対して、解決策を見いだせるか、
その指摘が自分の人生にいかせるか、
生かすにはどのようにすればいいか、、、


反発と反骨、怒りという感情は、
人が成長するために、大事だと思います。

私が気をつけてしていること……。

それは、指摘を受けたとき、
もしくは議論になって反論を受けたとき、

「なるほど」

と言って飲み込むこと。

相手の言葉を飲み込んで
自分の感情を飲み込んで
プラスになる環境を創りだす。

きっとそれが自分の成長に繋がってくれると思うから。


株式会社パイプドビッツ
美歴カンパニー
美容師名鑑編集部
BirekiMagazine編集部
兼任編集長 石渡武臣