知識人と美容師を繋ぐソーシャルウェブマガジン

美歴マガジン記事一覧 » 『目的が自分を制限する。』
2014.09.21 Sun
『目的が自分を制限する。』
みなさん、こんにちは。
美容師名鑑編集部 BirekiMagazine編集部 石渡です。

最近、気をつけていることは、
手書きにこだわる
ってことです。
久しぶりに文字を書くと、下手で驚きます。
しかし、ここ2ヶ月くらい手書きメモをしていたら、
昔のように、少しは読める字に戻ってきた(笑)。
人間って面白いですね。





『目的が自分を制限する。』



先日、友人と話していて気づいたことをひとつ。
その方は幼児教育に携わるお仕事をされています。

「最近の子どもたちは、どうなの?」

ざっくりと聞いてみると

「みんな忙しいよね」

と答えました。

「塾、スイミング、ピアノ、バレエ、体操、ダンスなどなど習い事がとっても多い」

と言うのです。

私が子どもの時代も習い事は多かった。
書道、スイミング、塾に私は通ってました。
今と変わらないじゃん!

と思ったのですが、ちょっと違うみたい。

受験のための塾、
ピアノ、バレエなどは面接のときのため、
体操も受験のとき、子どもの反応(動き)を機敏にさせるため、
ダンスは授業があるので成績に影響しますよね、と。

つまり何が言いたいかというと、

目的が前提の習い事

もっと言えば、

利益を求める習い事

って、言いすぎかな。

私が子どものころは、
友だちがみんな通ってるからスイミングに行きたい!
地元の名士のお家で習字が習えるから、みんな自動的に通う(笑)
ピアノは親の趣味
バレエはお姉ちゃんの影響で、、、、

みたいなざっくりした理由だったと思うのです。

もちろん、モノごとに目的を設定するのは大事なことです。
しかし、目的なき行動だって大切。
逆説的ですが、
すぐ結果に繋がらないことをしなくなると思うのです。

例えば私が「本を読め!」と言う。
「なんでですか?」
と返される。
メンドクサイ。

本を読むことで得られるものは多いけど、
すぐに何かに繋がるわけではない。
一例として、
「お客様と会話の際に使えるボキャブラリーが増えるよ」
と言えば、
「どの本を読めばいいですか?具体的に教えてください。無駄な時間を過ごしたくないので」
となる。

”人生に無駄というものはない”
と思っている私からすれば、
その一見、無駄そうに見える時間が大きな経験となるのに、と思ってしまうのです。

グダグダ言わずに、本を読めよ。

とキレたくなってくる(笑)。



若い美容師さんと話していると、
みなさんすぐに結果を欲しがる。

いや、それは当然だと思います。
生きていくためにも早く成長して、
売上を高めていくのは当然の想い。

しかし、
安易にプロセスと目的と結果を結びつけてしまっていないか。
表面的にはお金に結びつかなくても、
後々、もっと大きなベネフィットを生むことはあります。


「おっ、売上に繋がりそう!」
と思って、何かのセミナーに行った、
しかし、すぐに結びつかなかった、
だからもうその類いのセミナーは受けない。


という人がいたら、
恐らくその人はいくつ年を重ねても、
追いかけるだけの人になっているでしょう。

きっと成長もしない。

浅田真央になって欲しい
と思ってスケートを習わせても、
浅田真央にはなれない。
浅田真央はお姉さんがやっていたからスケートをはじめて、
いつの間にか、お姉さんよりも好きになり、上手になり……

繰り返しますが、
目的を設定することは大事です。
仕事をする上で、モノごとのKPIを考えておくのは
自分の着実な成長にも欠かせません。

しかし、設定した瞬間、
その目的値を超えることは至難の業、
ということも意識しておいて欲しいと思うのです。


なんて、偉そうですね、、、
失礼しました。


株式会社パイプドビッツ
美歴カンパニー
美容師名鑑編集部 BirekiMagazine編集部
石渡武臣