知識人と美容師を繋ぐソーシャルウェブマガジン

美歴マガジン記事一覧 » 「成功してるからハッピーなのか、ハッピーだから成功するのか論」 ~見かけがハッピーな人が成功している理由~
2014.08.17 Sun
「成功してるからハッピーなのか、ハッピーだから成功するのか論」 ~見かけがハッピーな人が成功している理由~
職場で業績がイチバンだとか、
ロイヤルカスタマーならぬ忠誠心の高いお客が100人はいるとか、
右にでるヤツがいないほど高い技術力を持ってるとか、
先輩にもの凄く可愛がられるとか

そんな人は必ずと言っていいほど「ハッピーオーラ」を身にまとっている。
ハッピーそうな人のことを語るとき、

『何かで成功しているからハッピーなのか?』
それとも、
『ハッピーだから成功しているのか?』
という2つの逆説的な視点からハッピーを捉えてみると面白い。

まずハッピーな男女ともに共通しているのは「忙しい」こと。
忙しい人達は、仕事が終わってからの時間も貴重なので、
わざわざ「どうでもいい人間」と集まって他人の悪口を言ってるヒマはないし、
「達成したい目標」が明確である場合が多いので、いい意味で時間がない。
何より、一生懸命に忙しく働いている人は、
遅かれ早かれ、何かを達成する(これを1つの成功と言う)。
何かで成功している人がハッピーそうに見えるのは、
無駄な時間を過ごしていない、という背景からかもしれない。

さらに、何にでも感謝したり、感動できる人っていうのも、
ハッピーオーラを発するに重要な要素のようだ。

もっとも身近な事例である、
仕事を教えてもらうシーン
を思い出してみる。

先輩やクライアント(皆さんの場合はお客様)からもらったアドバイスを

『発見(分かった!)』

と捉えるのか、

『指摘(否定された!)』

と捉えるのかで、
もうその人の伸びしろは大きく変わってくると思う。

この2つの感情は、私たちの表情にも大きな違いを生むことを意識してほしい。
表情は日々の積み重ねで確実に、表情筋として顔に刻まれる。
だから前者は自然と「いい顔」になるし後者は「伸び悩む顔」になる。

一生懸命に伝えたのに、イヤ顔全開で反応されると、
『次はないな』と思われて当然。
教えている相手だって人間、表情ブスとは一秒でもご一緒したくないのだ。

できないことや失敗は誰にとっても「避けたい事実」ではあるが、
視点を変えるとそれは「克服するべきこと」を明確にしてくれる。
明快な目標にはウェルカムな姿勢で向き合った方がいいに決まっている。

自分の小さなプライドなぞ捨ててしまえ!

と私はよく思う。
しかし、人間ってキャリアを積むととたんに、これが難しくなってくるものだ。
キャリアは身を助けるが、必要以上のプライドも同時に育つのだと知っておこう。

こんなハッピーな外見や雰囲気を出しているからこそ、
多くの人が集まってきてくれるのだろう。

かなり個人的な話で恐縮だが、
以前、超クレバーなフランス人と恋人仲であった時のこと。
彼が発した言葉はセルフマネジメントを考える上で、
今でもしっかりと生かされている。

あるとき、彼はこう言った。
『知らないことを知らないのがもっとも恥』
だと。

この言葉は、
勉強の時間が増えるほど、自分が知らないことが多すぎて、
結果「何を調べていたのか分からなくなった」と、
彼に話したときに返された言葉。
(厳しすぎてメルシー!)

これは自分のハッピーレベルを計るときにも活用できる。
隣の芝生は青く見えてしまうものだが、
自分より確実にハッピーそうな人って必ずいる。

私の場合の彼がそうだった様に、
その人の自己形成の原点? みたいなモノをお手本にすると良い。
思考とか、よく使っている言葉とか、視点とか、仕事への向き合い方とか。
何でもよい。
惚れた人間や(恋愛だけでない)尊敬できる人間から、
自分の知らなかった自分が見えてくるからだ。

長く自然にハッピーオーラを放っている人は、確実に、お金では手にできない「ハッピー感」を身につけている。そこには本物の空気と、品のようなものも備わっているのですぐに見分けがつくはず!

逆にサクセス感やらハッピー感をガンバってアピールしすぎる人達は、
「幸せの形」を追い求めすぎるあまり、どうしても言動にお金のにおいが漂ってしまう。
本人達は「セレブ」のつもりなのだが、
知らぬところで周りからは「バブル」だと笑われる始末。
ハッピーにがっついて“得た結果”はイタイのだ。

自然なハッピー感漂う人たちは、
まだあなたの知らない「生きるセンス」の持ち主なので、
先ずは自ら歩み寄って観察してみよう。
幸せは歩いてこない、だから歩いてゆくんだよ。