知識人と美容師を繋ぐソーシャルウェブマガジン

美歴マガジン記事一覧 » 『朽ちぬ果実』
2014.07.08 Tue
『朽ちぬ果実』
みなさん、こんにちは。
Bireki Magazine編集部 石渡です。
いつも読んで頂きまして、ありがとうございます。




“再チャレンジ”
なんて言葉がもてはやされたのは、
2006年、
第1次安倍政権のころだろうか。

よく自己啓発本などで
「人生は取り戻せる」
ってことを書く人がいる。

私たちはこの言葉を
“文字通り”
信じて良いのだろうか。

少し穿った見方をすると、

「人生は取り戻せない」

と私は考える。

こんな言い方をすると誤解を生みそうだ。

言い換えると、

人生は取り戻せないが、
人生は取り返せる。

日本語の語感の問題なので、
人によって受け取り方は違うと思うが、

「取り戻す」
という言葉自体の意味は、辞書を三公にすると、
そのもの、
ここで言うと、過ごした過去自体を、
そのまま元に戻すこと。

私がここで言っている
「取り返す」
とは、
“過去と同等の価値”
をその代替として手に入れること。


とても簡易的な例で示すと、

夏休みの絵日記を忘れていたとする。
今日は8月30日。
夏休みの30日間は取り戻せない。
しかし、宿題は徹夜で一生懸命にやれば、
30日間という時間価値は取り返せる。
(それが良いとは思わないが)

だから安易に
「人生は取り戻せる」
と言うのは、とても危険だ。


いつでも取り戻せると思えば、
判断が鈍る。
いつでもやり直せると思えば、
決意が弱まる。

迅速な判断と、
覚悟のある決断、
そして迷いない行動。


……とは言ったものの、
仕事や日常生活は、そんなに割り切れたものではない。

がしかし、
どのように表現すればいいか……。

些細な決断だとしても、
小さな判断だとしても、

“ま、いっか判断”

を繰り返していると、少しずつ取り戻せない方向へ向かう。

そんな気がしてならない。

「ま、取り戻せるか」

という気持ちでは、
重要な判断は下せない。

これらを前提として、
私は、
人生は取り戻せない

と言いたい。

その代わり、
決意ある判断を積み重ねれば、
あとあと修正したいとき、
きっとその人生は、
「取り返せる」
そう信じている。



と、偉そうに書いてはみたものの。
なかなか人生は、そううまくいくものでもないですよね。
でも、私も、ちょっとした判断でも、
これからは気をつけていきたい。
そのように感じるのでした。

今週は天候が激しく不安定なようです。
みなさん、気をつけてください。


株式会社パイプドビッツ
美歴カンパニー
美容師名鑑編集部/Bireki Magazine編集部
兼任編集長 石渡武臣