知識人と美容師を繋ぐソーシャルウェブマガジン

美歴マガジン記事一覧 » 『日出る国の落日。』
2014.07.04 Fri
『日出る国の落日。』
みなさん、こんにちは。
Bireki Magazine編集部 石渡です。
いつも読んでくださって、ありがとうございます。



先日観た、とある番組でとても興味深い話がありました。
そこで感じたことについて、少しご紹介したいと思います。
その番組は“明智光秀”についての特集でした。
これは出演している大学教授が話していたことです。



「人間は長所が大きな短所になることがある」

織田信長という人は、他人の気持ちが理解できないサイコパスな人。
非情な命令を下し続け、天下統一の一歩手前までたどり着いた。
相手の気持ちを汲み過ぎないからこそ、信長は、その劇的なスピードで頂上まで上り詰めるに至った。

明智光秀は、高貴な出自と文化人的思考、そして高い教養をもとに、高度な戦術や部下を思いやる人心掌握術を用いて、一気に織田家臣団のなかで上層部へと上り詰めた。
特に家臣たちを大事にする想いは、群を抜いていた。

他人を深く想わない信長。
他人を深く想いやる光秀。

これが、両者が太陽のごとく上ることができた理由。
長所だ。

しかし、
他人の気持ちを想いやれないばかりに、光秀に討たれる信長。
他人である家臣たちのことを想いやるばかりに謀反する光秀。

それぞれの人生の終止符を打つことになったターニングポイントは、まさにふたりの長所が激しくほとばしったがばかりに起こった悲劇。

人間、それぞれの生き方があって、
それを変えるのは難しいこと。

高い技術がなくても、人間性でそのマイナスを補完する人。
高い技術があるからこそ、人に求められるが、足をすくわれる人。
人それぞれは、それぞれの長所を伸ばすことで、仕事、人生において豊かな結果を導くことができるのだが、この長所ばかりに捉われていると、大きな短所になりかねないのではないか。




この意外な相関関係に気づいているか、気づいていないか。
これが大きな分岐点になるのではないでしょうか。

“長所を伸ばせ”

確かにそういうこともあるでしょう。
しかし、そこだけに注力していると、見落としてしまうこともあるのではないでしょうか。

そんなことを考えさせられる機会となりました。
みなさんは、いかがでしょうか。



株式会社パイプドビッツ
美歴カンパニー
美容師名鑑編集部/Bireki Magazine編集部
兼任編集長 石渡武臣