• IT
  • It活用に関するコンテンツ

アフターコロナ時代が求めている美容室の”コミュニティマーケティング”

インフルエンサーからコミュニティへ



インフルエンサーマーケティングやバズマーケティングみたいなマーケティング手法は今や昔のものとなりました。インフルエンサーがSNSにて影響力が大きかった時代は通用したかもしれませんが、今や、ある種のインフルエンサーが多くなりすぎて、その効果は大きく減ってきていると言えます。またインフルエンサーマーケティングだと、リーチはいいのですが、実際のCVRが低いというレポートもあります。30%以上の新規客へとリーチするが、実際に購入行動に出るのはさらにその30%以下だというものです。この数値は、年々、減少していると思われます。またバズマーケティングも、バズることの難しさは、販促に関わる人であれば難しいのは理解されていると思います。これらの事由から、インフルエンサーマーケティング、バズマーケティングは過去の話(もしくは、強力なごく一部の人の特権)となっています。

さて、これらのマーケティング手法に代わり、今、主流になってきているのがコミュニティマーケティングです。これまでのコミュニティマーケティングは、エリアというコミュニティにて切り取られることが主流だったと思います。その地域における特性を生かしたマーケティング手法です。街や主要駅の周辺においては、似た住民が住んでおり、それらの人たちに向けたマーケティングは大きな効果を及ぼしてきたと思います。美容室や飲食店など、店舗型ビジネスの場合、その恩恵を大きく受け取ることになってきたと思います。このエリアを主体としたコミュニティマーケティングの手法が、新型コロナウィルスの影響によってさらに深化したと思われます。



コミュニティの多様化






※この記事は会員限定記事になります。
続きを購読されたいときは、無料会員登録をお願いします! すべての記事が1週間、無料で読み放題です。!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


******************
この記事は会員限定無料コンテンツとなります。

会員でない方は、美歴会員登録をすると、続きが閲覧できます。すでに会員の方はログインを、会員でない方は新規登録を行なってください。

関連記事一覧