• IT
  • It活用に関するコンテンツ

商品売上が1万だった美容師が毎月平均40万になった理由と方法とは?

・物販に力を入れてない美容室がまだ多い

・お客様に商品を勧めることが悪だと思っている(お客様の財布事情を勝手に判断している)

・なぜ、物販に力を入れないといけないのか理由が分からない

・効率よく販売する方法が分からない

・どうせネットで買われるからという気持ちがある



などの事を数年前、物販に力を入れてない(入れる理由が分からない)時は思っていました。しかし、コロナをきっかけに『技術売上だけで果たして大丈夫?』ということを考える経営者が増えたのは確実です。



お店にご来店して頂かないと始まらないのが、美容室経営です。でも、これからの時代『物販』『EC』『サブスク』に力を注いでいかないと危ないかもしれないという感覚でいます。


自分自身、物販にここまで力を注ぐという考えは数年前までは想像もできていませんでした。でも、知識もなにもない状態からのスタートでしたので、やっていることは非常にシンプルな事しかやっていません。


それでも、月平均40万になることができたり、12月の商品売上が過去最高記録となる210万円となり、マンツーマンだからこそできるサービスがお客様に理解してもらえたのかなと思っています。



※この記事は会員限定記事になります。
続きを購読されたいときは、無料会員登録をお願いします! すべての記事が1週間、無料で読み放題です。!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


******************
この記事は会員限定無料コンテンツとなります。

会員でない方は、美歴会員登録をすると、続きが閲覧できます。すでに会員の方はログインを、会員でない方は新規登録を行なってください。

関連記事一覧