• その他
  • 上記に当てはまらないもの

従業員が求めるガイドラインに気づいていない危険性。

確かなことが曖昧になってきた




新型コロナウィルスの感染拡大を経験し(今も継続しているが、、)、
多くの人たちや、多くの業種において、誰もが気にし始めたことがある。
それはガイドラインだ。



東京都が示した”三蜜”もいわゆるガイドラインと言っていい。
これはもはやトレンドにもなり、多くの一般人が気にするようになった。
三密だけでなく、ソーシャルディスタンス(社会的距離2メートル)も、
ひとつのガイドラインと言っていいだろう。
ウィルスという”見えない相手”に対して、どう対処するか。
専門家や決定権者による、一定の規定が示されることは、
それを受け入れるものたちにとっては、とても大事なことだ。




誰もがガイドラインをもとに行動し始めた




このガイドラインをもとにして、
多くの人たちは、自分たちに当てはめて考えるようになる。
飲食店では、対面しない、距離を取るようにする、
美容室では、席を離す、予約を制限する、
スーパーでは入場制限をするなど、
この”ガイドライン”をもとにして、多くの業種が独自のガイドラインを
設定するようになり、それがひとつの安心の目安にもなっている………





※この記事は会員限定記事になります。
続きを購読されたいときは、無料会員登録をお願いします! すべての記事が1週間、無料で読み放題です。!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


******************
この記事は会員限定無料コンテンツとなります。

会員でない方は、美歴会員登録をすると、続きが閲覧できます。すでに会員の方はログインを、会員でない方は新規登録を行なってください。

関連記事一覧