知識人と美容師を繋ぐソーシャルウェブマガジン

美歴マガジン記事一覧 » 『”情けは人の為ならず”の意味を深読みしたら、違う視点に辿り着いたって話。』
 有料 2014.11.30 Sun
『”情けは人の為ならず”の意味を深読みしたら、違う視点に辿り着いたって話。』
「情けは人の為ならず」もしこの諺の意味を「情けをかけることは、その人のためにならない」と思っている人がいたら、それは本来の意味とは違います。本当の意味は、「情けは人のためではなく、いずれは巡って自分に返ってくる」ということです。

この記事は会員限定記事となります。

美歴会員登録をし、美歴マガジンのサービス利用規約に同意いただくと続きが閲覧できます。すでに会員の方はログインを、会員でない方は新規登録を行なってください。(有料コンテンツは、ログイン後、プレミアム会員登録または記事の購入手続きをおこなっていただきます)