知識人と美容師を繋ぐソーシャルウェブマガジン

美歴マガジン記事一覧 » 『楽天の大阪屋出資に見る美容室の付加価値モデルとは。』
 有料 2014.11.10 Mon
『楽天の大阪屋出資に見る美容室の付加価値モデルとは。』
美容室業界よりも早い段階で業界の市場規模がシュリンクしていった出版業界。そもそも市場規模は小さいのに影響力やネット企業からすれば、所有しているコンテンツの魅力があったので、多くのIT企業が参入して、古くからの“紙ビジネス”は、どんどん小さくなり、その影響力は小さくなりました。影響力が小さくなるということは、広告売上が大きな割合を占めるメディアだけに、売上に直結してます。そして雑誌など紙が売れなくなったことで市場規模は、ますます小さくなりました。

この記事は会員限定記事となります。

美歴会員登録をし、美歴マガジンのサービス利用規約に同意いただくと続きが閲覧できます。すでに会員の方はログインを、会員でない方は新規登録を行なってください。(有料コンテンツは、ログイン後、プレミアム会員登録または記事の購入手続きをおこなっていただきます)