知識人と美容師を繋ぐソーシャルウェブマガジン

美歴マガジン記事一覧 » 「美容技術者として、経営者として……」
2014.06.12 Thu
「美容技術者として、経営者として……」
美容業界の皆様はじめまして。
今回よりこの場で色々お話をさせていただくことになりました高山直子です。


まず簡単に自己紹介をさせてください。
私は14歳からサロンモデル、読者モデルをはじめました。
このようにモデルという立場から美容業界デビューを果たしました。


このモデル経験から、作り手の美容師さん側に”憧れとトキメキ”を抱き、『作り手側になりたい!!』という思いが高まり、高校を卒業後、美容専門学校へ進学したのです。


そして新卒として、地元にて美容師になりましたが、新しい可能性を求めて、上京しました。
上京後、美容師業はしていませんでした。ただ、東京のサロンを中心にサロンモデルとして美容業界とは関わっていました。


そんな25歳のとき、気持ちの転機が訪れます。


当時、なんだか地に足つかない生活をしていた私。
そんな自分に嫌気がさし、再度、美容業界の作り手側に戻りたい!
女性が綺麗になるお手伝いがしたい!
と、現在の業界へ飛び込みます。


さて、そんな私の現在の職業とは………。
『まつ毛エクステ』の施術者、アイデザイナーです。


2011年5月10日に独立し、東京・渋谷にまつ毛エクステ専門店『Amelie』をオープン。
わたし自身も現役プレイヤーでありつつ、
東京[渋谷『Amelie』、銀座『frele』、池袋『Reine』]
大阪[心斎橋『merci』]
に、まつ毛エクステサロンを、
東京[渋谷『Cachette』]
にネイルサロンを展開し、プレイヤーとしてだけでなく、経営もしています。


なぜ、美容師免許があるのにアイデザイナーなのか??

なぜ、いまの仕事をえらんだのか??

ひと言で言うと

『女性に喜んでもらえる仕事ならなんでもよかった』

のです。
わたしと、何かの接点によって、”生きがい”や”喜び”を感じてもらいたかった。
オシャレすることや綺麗になることが、こんなにも楽しいんだ! そう感じてもらいたかったのです。


まつ毛エクステに興味すらなかった私が、たまたまこの世界に入り、技術の繊細さに感化され、奥深さにのめり込みました。
一度は諦めた美容の仕事にもうチャレンジしたのも、何かの縁。
だったらこの道で一番になろう!
そう決意したのです。


では、そのために何をしたのか。

当時、

「まつ毛エクステ=ギャルギャルしい」

というイメージが一般的。


そして、怖い? 痛い? ダメージは?? などというマナスイメージばかりでした。
しかし実際は、とても繊細で、細やかな技術で、自然に新しい自分を見つけられる。
この事実をもっと知って欲しかったのでです。


ですから、技術が一流なのはもちろんのこと、ブランドイメージ、ビジュアルイメージ、店舗内装など今までになかった形のサロン作りを徹底しました。
仕上がりに満足してもらうだけではなく、女性の貴重な時間を過ごす空間を、より心躍る場にできるよう意識しています。

これまで、色々と回り道もしつつ、ようやく美容の世界で地に足つけることができはじめた最近。
「今後はどうするの?」
とよく聞かれます。


夢は大きく! 目標は高く! まだまだしたいことだらけです。
一気にお話ししたいところですが………笑。


これから、このコラムにて少しずつ、ご紹介していこうと思います。


でも、何より
”女性の心躍る空間を、より良い環境”を作っていけるよう日々努力していく次第です。


次回以降は、わたしが仕事で特に意識していることや女性経営者であること、技術企業の苦労など中身に迫ってお伝えしていきたいと思います。

これからも、ぜひ、よろしくお願いします。