知識人と美容師を繋ぐソーシャルウェブマガジン

美歴マガジン記事一覧 » “客単価を上げる”メニュー&仕掛け作り -Buzz 前編-
2014.03.06 Thu
“客単価を上げる”メニュー&仕掛け作り -Buzz 前編-

高価格でもお客様が納得してもらうためにクオリティの高い技術を提供していきたい

5年前に現在のような細かいメニューに大幅リニューアルしました。
それ以前はカラー6,300円~というざっくりした物だったんです。
きっかけは、入社したてのアシスタントにもしっかり知識を付けて欲しかったから。
Buzzでどんなメニューを提供していて、それがどんな技術でいくらかかるのか。
教育する際に一目でそれが分かるメニュー表があれば便利ですよね。

導入してからは、アシスタントの意識も上がり積極的に様々なメニューを提案できるようになりました。
スタッフの自主性を育むのが目的なので、細かいメニューをそのまま全部はメニューブックに記載していません。
もちろんある程度は抜粋していますが、数が多すぎて逆にお客様を迷わせてしまうことになってしまうと考えているからです。
やはりカウンセリング時に対面しての、美容師側からの口頭による提案を大切にしていきたいですね。

ただ最近は新規でご来店される方は口コミ、飛び込みに関わらず必ずHPをご覧になってからいらっしゃる方が多い。
そのため、来店動機を高めるためにHPのメニューページには、細かく記載しています。

メニューだけでなく、パーマの簡単な考え方(S・C・Jカールなど)や使用する薬剤なども簡単にご紹介。

自由が丘という土地柄、値段が高そうと思われる方も多いので、スタイリストのランク毎に値段も全て記載しています。
そうすることで、技術的にしっかりしているサロンというイメージをアピールし、安心してご来店頂ける環境を作っています。


POINT1

新規客のほとんどはHPを見てから来店するため、HPのメニューページに力を入れる

口コミ、飛び込みに関わらず新規客が必ず目にするのがサロンのHP。
自由が丘という場所柄「値段が高いのでは?」と不安がる方も多いので、スタイリスト・トップスタイリスト・ディレクターとランク毎に明確に料金を提示している。
また、入ったばかりのアシスタントがサロンメニューを把握し、お客様にしっかりご説明できるようにと考えた細かいメニュー設定が思わぬ相乗効果を生んだと言う。
かなり細かいメニュー設定&内容説明を入れることで技術がしっかりしているサロンというアピールにつながり、HPを見てご来店される新規客の数がアップした。


続きは3/13公開予定の後編で!

コンテンツ提供:きくや美粧堂