知識人と美容師を繋ぐソーシャルウェブマガジン

美歴マガジン記事一覧 » スタッフ全員がBC 「PROSOL」のBC導入成功事例
2013.11.28 Thu
スタッフ全員がBC 「PROSOL」のBC導入成功事例
ビューティコーディネーター(以下、BC)の普及を行うJBCA。

今回はJBCA理事であり、広島で7店舗のヘアサロンを展開するPROSOL代表の三戸さんにお話を伺いました。

広報担当理事として全国のサロンをつぶさに見てきた三戸さんのお店の取組みは気になります。

http://www.prosol.co.jp/


jbca_131128


1)BCを導入するときに大変だったことは?

BCの概念をスタッフに理解させることが難しかったですね。

ですので、まずはサロンにBCを導入してみて、様子を見ながら、少しずつスタッフが納得していくようにしました。


またBC導入後もファーストカウンセリングなどが、本当に必要なのか、という疑心暗鬼が残っていました。

しかし、私が理事だったこともあり、スタッフみんなの意識が“やるしかない”となってくれました。この意識はよかったです。

継続しないとわからないことがたくさんあるからです。


2)BCの教育で力を入れたポイントはどこですか?

まさに“自主性”です。スタッフが、自分たちでミーティングをして考え、私たちのサロンにおけるBCの動きを決めていきました。


3)BC導入により、お店が変化したポイントは?

私たちの専属BCは1人だけ。ほかは美容師兼任BCです。

私たちでは、入社1年生から教育の必須項目にBCの科目を入れてるので、アシスタントでもある程度カウンセリングができるようになりました。

スタッフみんなに教育が施されてきたことで、“1対多”の接客ができるようになったことが大きな変化です。


4)効果が出てきたな、と感じたのは、どのくらいの期間が経ってからですか?

全スタッフがBC検定3級を受けています。

効果が出てきたと実感できはじめたのは、2級合格者が全体の3分の1ぐらいになった、BCを導入して1年ほどしてからですね。


5)BCを導入してよかったな!と思うポイントは?

スタッフ間のコミュニケーションが深くなり、お客様の要望を読む目が育ったこと、がもっとも価値あることだな、と感じています。