知識人と美容師を繋ぐソーシャルウェブマガジン

美歴マガジン記事一覧 » ライズヘアー・林社長「JBCA広島エリア委員会の立ち上げから現在まで」
2013.11.13 Wed
ライズヘアー・林社長「JBCA広島エリア委員会の立ち上げから現在まで」
ビューティコーディネーター(以下、BC)の普及を行うJBCA。

今回はJBCA広島エリア委員会の委員長であり、広島にてヘアサロンやトータルビューティサロンなど3店舗を展開するライズヘアーの林社長にお話を伺いました。
(同サロンは12月2日の JBCA 全国大会に広島代表として、出場が決定しています!)

広島エリア委員会の立ち上げから現在に至るまでのストーリーを是非ご覧ください。

 http://rize-hair.net/

jbca_131113

1)広島エリア委員会の立ち上げはいつですか?

平成23年10月です。


2)立ち上げ時は、何社で始まりましたか?

7社です。


3)エリア委員会として最初に決めたことは何ですか?

まずは役職(部門)と目的を決めました。この時決めた目的とは、

(1)JBCAとは何かを理解してもらう
(2)BCの役割を理解してもらう
(3)活動を広めて行く
(4)検定を受ける人を増やす

です。これらを強く意識して活動に臨んでいます。


4)委員会の立ち上げで困ったことは何ですか?

最初は、エリア委員会加盟サロンのオーナーさんたちがJBCAやBCのことをまだまだ理解できていないので、どのように運営を進めていくか悩みました。


5)最初に設定した目標は何ですか?

広島・山陰エリアで、加盟サロン数を30社にすることです。そして、検定を受けた方たちにとってBCが価値あるものであり続けるために、その価値を高めることを目標としました。


6)目標を達成するために、実施したことは何ですか?

サロンさんやディーラーさんに直接、私たちが個別で説明する機会を作るようにしました。そして、営業、広報など、各部門の役割を明確にしました。

これらを徹底するため、2ヶ月に一度の委員会とは別に、2ヶ月に一度、プレ委員会を開き、各部門ごとのミーティングを実施しました。

さらに委員会前には、ディーラーさんと営業担当者中心のミーティングを実施して、参加サロンさんを増やしていく計画を立てていきました。


7)年間でどのような計画を立てましたか?

BCの価値、そして必要性を高めるために、エクステンションセミナーの実施を、年間計画として策定しました。

これをきっかけに、会員のスケジュールを共有することができ、年間の見通しが立ったと思います。


具体的には、

2月 苺谷先生「BCの教科書を使いBCの価値を高めるセミナー」
3月 同上
4月 苺谷先生・准講師「ビューティコーディネーター2級3級対策セミナー」
5月 谷口理事「経営者・幹部対象 SNSを活用した集客法」
6月 藤原花妃様「検定合格者向け BCとしての大人の女性に対する接客と対応/ファーストカウンセリング時のマナー」
7月 由藤理事「スタイリストBC カウンセリング、カラーなどBCを踏まえて即実践できる講習」
8月 小林理事長「経営者・幹部対象 経営セミナー」
8月 苺谷先生「BCの教科書を使いBCの価値を高めるセミナー」
9月 同上
10月 由藤理事「カウンセリング・カラーなどBCを踏まえて即実践できる講習」

です。


8)計画を達成するために努力されたことは何ですか?

オーナーさんやディーラーさんに頻繁に声をかける、委員会後に懇親会を開くなど、コミュニケーションをとりやすい環境を作る、各セミナーの担当を各サロンに振り分け、全体を巻き込んでいくなど様々な努力をしました。


9)運営をしていくにあたり、悩んだこと、壁になったことは何ですか?

委員会の立ち上げ当初は、意見も想いもまとまりが無く、お互い手探り状態でした。

そのため意見が出ませんでしたし、委員会に参加すれば、売上があがるのでは?………というような空気感があり、参加者の気持ちがバラバラだったのを憶えています。


10)エリア委員会以外の活動を教えてください。

BC/店長ミーティング、JBCA加盟サロン同士で見学会を行い、交流を深める、ディーラーさんを集めて説明会を実施する、加盟サロンのスタッフ同士の交流(カット勉強会など)を行う、などです。


11)広島エリア委員会らしいことは何ですか?

オーナーさんをはじめ、スタッフさんたちがとても協力的です。

それも、上記の色々な活動を通して、コミュニケーションがとりやすくなり、意見が出やすい環境になったおかげだと考えています。

また会社同士だけではなく、スタッフの交流が活発でし、エリア委員会加盟サロンの准講師たちも自主的に集まって、ミーティングをしています。

こんなアットホームな雰囲気が広島エリア委員会の特徴かもしれません。


12)広島エリア委員会のこれからの目標は何ですか?

さらにBCの理解を深めていきたいです。

そのために、BC検定合格者のさらなる育成を行い、各サロンにしっかりとBCを落とし込んでいきます。

長期的には、ブロック内での他エリアとの協力関係を広げていきたいです。直近では、岡山エリア立ち上げのために協力したいと思っています。