知識人と美容師を繋ぐソーシャルウェブマガジン

美歴マガジン記事一覧 » FORTEグループのBC導入成功秘話
2013.10.30 Wed
FORTEグループのBC導入成功秘話
ビューティコーディネーター(以下、BC)の普及を行うJBCA。

今回はJBCA理事であり、東京、静岡にてヘアサロン、ネイルサロン、アイラッシュサロンを20店舗展開するFORTEグループの鈴木社長にお話を伺いました。

同サロンでは、大卒の新入社員をBCとして採用するなど、積極的なアプローチを行っています。
また、FORTEは12月3日に銀座、三越近くに新店舗をオープン予定です!(オープニングスタッフ募集中とのこと!)  http://www.forte-group.jp/

131030_jbca1

1)BCを導入する際、大変だったことは何ですか?

弊社では、BCとして全員新卒かつ大卒の新人を採用したため、業界把握や専門知識の習得に力を入れました。
必然的に研修にはとても多くの時間と労力をかけました。

また、現場経験のない新人がサロンに立って働くわけですから、美容師の理解を得るまでが大変でした。
そのまま何もしなければ“ただのレセプション社員”になってしまうので、

「ゲストに一番近い存在はBCだ」
「BCの意見はゲストの意見」

と何度も説明し、美容業界の未来とBCの存在価値について何度も何度も、幹部やサロンメンバーとミーティングを行いました。


2)BCの教育で力を入れたことは何ですか?

とにかく自分の意思、意見を相手に伝える能力、“プレゼン能力”の強化に力を入れました。
いくらお客様のためだと言っても、自分より人生経験も業界経験も長い先輩に対して面と向かって発言するのは、現実的に考えてかなり難しいと思っていました。
よって、プレゼン研修において、話し方はもちろんのこと分析、検証、数値の見える化に注意してプレゼンするよう、何度も何度も指導しました。

また、弊社ではBCの仕事の役割をスーパーバイザー、コンシェルジュ、メンターとし、それぞれの仕事の内容を明確にした上でミーティングや意見交換をしています。

“自分のミッションは何なのか?”
“何のために、この仕事についているのか?”
“今している仕事は3つの役割の中でどの役割に当たるのか?”

これを明確にしないと、仕事が業務作業になってしまいます。仕事にワクワク楽しんで取り組むためにも、こういった基本的なところも意識的に教育しました。


3)BC導入によりお店が変化したポイントはどこですか?

変化したポイントはたくさんありますが、もっとも変わったのは美容師の数字に対する意識が高まったことです。

自分のリピート率やリザーブ率などの数値がとても大切なことは分かっていても、聞かれて即答できる美容師はとても少ないのが現状です。
そこでBCが、正確にひとりひとりの数字分析をして、適切にプロデュースする。これにより、数値意識の高まりが生まれました。。


4)効果が出てきたな、と感じたのは、どのくらいの期間がたってからですか?

新入社員であるBCたちは、入社後3~4ヶ月ほど経ってからです。

BCが本格的にサロンワークに従事し始め、2ヶ月くらい経つと特定のサロンにおいて、リザーブ率や店販購買比率、リピート率が上昇してきました。

その後、ばらつきはあるもののグループ全体的としても数値が変わってきました。


5)BCを導入して良かった!と思うポイントは何ですか?

BCたちがいてくれるおかげで、美容師の意識が変わりました。
経営上大切な数値も、徐々にではありますが上昇しています。

美容業界を取り巻く環境は刻々と変化し、その変化に対応しないとすぐに取り残されてしまいます。
トレンドやスタイルには、流行り廃りがありますし、個人の価値観なども多様化しています。


しかし、ただ、絶対に変わらない一つの真実!!! それは、お客様の喜びと感動なくして、サロンの運営は成り立たないということです。

弊社がBCを導入し、一番良かったこと………。

それは「ゲストとの会話が増え、笑顔が増え、店内が明るくなったこと」だと思います。


エントランス