知識人と美容師を繋ぐソーシャルウェブマガジン

美歴マガジン記事一覧 » 新潟県「SNIPS」のBC導入成功事例
2013.10.23 Wed
新潟県「SNIPS」のBC導入成功事例
前回はJBCA新潟エリア委員会について、エリア委員長の板倉雄三さん(ITAKURA HAIR&BEAUTY)にお話を伺いました。
今回はビューティコーディネーター(以下、BC)導入の成功事例をJBCA新潟エリア委員会の担当理事であり、新潟県で「SNIPS」グループを展開する由藤秀樹さんに語っていただきます。

SNIPSはおしゃれなデザインだけでなく、新しい仕掛け、そして何よりBC導入において成功を収めているサロンです。

SNIPS http://www.snips-net.com/

JBCA_image_131023

1)BCを導入するときに大変だったことは?

顧客目線に立った予約管理やトータルビューティーの導入を進めるとき、これまでのように、スタイリストがBCを管理しようとしていて……。
なかなか古い「スタイリスト中心型サロン」から変換できなかったことですね。


2)BCの教育でチカラを入れたことは?

接客や受付、電話対応といったレセプション業務だけでなく、スタイリストのマッチング、デザインバリエーション、タイム管理などなど、様々な視点で店長と横並びとなってスタイリストを育成する権限をBCに与えました。
そしてBCが学んだトータルビューティーの在り方をサロンで積極的に実践させました。


3)BC導入により、お店が変化したポイントは?

顧客目線に立った予約管理により、施術スピードの速さの必要性をスタッフ全員が実感しました。
また、「ファッションゾーンの顧客」(おしゃれな変化を楽しむお客様)より、「ビューティーゾーンの顧客」(美を求めるお客様)が増えました。

「変化」より「キレイ」を求める顧客が増えたことで、来店サイクルが短くなり、次回予約の確率も高まりました。


4)効果が出てきたな、と感じたのは、どのくらいの期間がたってからですか?

すぐです! 他店とサービス面が格段に変わります。

繁忙期に手が空いてるスタッフが電話対応や受付、お会計などをやらざるを得なくなると、サロンのサービスやホームケアのご提案など様々なクオリティーが落ちてしまいます。
BCがいると、せっかく忙しくなったにも関わらず失客してしまうという事態に陥りません。


5)「BCを導入してよかった」と思うポイントは?

これから求められる「未来型のサロン」に近づいてきたと思います。次元の高いヘアデザインを主軸に、サービス面の充実とトータルビューティーが浸透してきました!