知識人と美容師を繋ぐソーシャルウェブマガジン

美歴マガジン記事一覧 » 年齢、国籍など様々なお客様がいる環境で、「本物の技術、接客」を目指す
2013.11.19 Tue
年齢、国籍など様々なお客様がいる環境で、「本物の技術、接客」を目指す
第14回「採用・育成 成功のヒミツ supported by リジョブ 」は、東京都港区赤坂で1店舗を展開しているサロン「Wing.」です。
代表の羽田直紀さんにお話を伺いました。


rejob_131119_1


どこに行っても通用する美容師になれる環境


–経営で大事にしている理念や考えをお聞かせください。

「赤坂で一番居心地のいいお店」というメッセージを掲げて、スタッフ一丸となってお店作りをしています。

赤坂という土地は、美容師にとって、近隣の青山・原宿とは違ったチャンスを得られる場所だと思っています。

青山・原宿のサロンに通っていた高い技術を求める方、昔から赤坂に住んでいる方、 さらには大使館等も近いので、外国人の方など、年齢や国籍問わず、本当に様々なお客様がいらっしゃいます。


そのような環境でお客様に満足いただける技術、接客ができれば、どこに行っても通用する人材になれるチャンスがあると思っています。

ですから、「赤坂で一番居心地のいいお店」を目指すことで、 お客様の満足だけでなく、スタッフのレベルアップ、さらには夢をかなえることへの支援もできると考えています。


現場、実践を大事にした教育


–スタッフ教育について詳しく教えてください。


どの美容室でもやっているような一般的な教育システムは用意しています。 その中で特徴的といえるのは、「実践」で覚えさせていると言う点ではないでしょうか。

カリキュラムやマニュアルも大事なのですが、実際のお客様対応をすることで得られる気づき、学びの方が重要だと思います。


現在、当店の技術者は私の他に1名です。そのスタッフには、毎晩のようにその日のサロンワークで気づいたことを伝えて、 覚えさせるようにしています。

2名いるアシスタントもその様子を見ているので、技術者として必要なことを自然と覚え、身に付けられる環境になっていると思います。


–人材採用で重視していることはありますか?


「応用力がある人」かどうかを見るようにしています。

「Wing.」というブランドをこれからもっと大きくしていくには、お店のコンセプトを理解した上で、 自分で考えて動ける人が必要だと思っています。そのように考えて動ける人に対しては、私も全力で応援したいと思います。


また、技術者を採用する際はもちろん技術も見ますが、技術というのは、お客様のことをキレイにしたいと本気で思っている人であれば、必然的に身に付いていくものと考えています。 ですから、ハートの部分がとても大事で、そこを採用のときに重視しています。


rejob_131119_2


「本物の技術、接客」ができる美容師だけが勝ち残っていく


–今後の美容業界をどのように見ていらっしゃいますか。


本物の技術、本物の接客ができる、本当の意味での「美容師」だけが残っていくと思います。

トータルビューティーを提供するという美容室も増えてきていますが、 美容師としての仕事がしっかりとでき、お客様の求めていることをしっかりと理解し、接客できる人間性がないと、いろんなことをやろうとしても上手く行かないのではないでしょうか。

もちろん、可能であればトータルビューティーを提供できた方が良いと思います。


ただ、お客様のレベルもかなり高くなっています。 ネイルなども色んなお店に行ってたりするので、技術の高い低いも見極められるようなっていると思います。

ですから、中途半端に色々なことをやっていては、お客様の満足は得られません。

美容師としてまずやるべきことをしっかりやれていなければ、お客様の支持を受けることは難しくなっていくと思います。


その意味で私たちは、本当に様々な層のお客様がいらっしゃる赤坂で、「美容師」としての質の高い本物の技術、接客を極めていきたいです。


–若い美容師さん、学生さんにひと言お願いします。


美容師は最も素晴らしい職業の一つだと思います。

色々悩みを抱えている美容師さん、学生さんもいると思いますが、必ず自分に合う美容室(職場)があるはずです。自分を信じて、このすばらしい仕事を続けていってほしいです。



・Wing. 公式サイト http://www.hair-wing.com/
Wing. 採用関連情報

リジョブ 公式サイト