知識人と美容師を繋ぐソーシャルウェブマガジン

美歴マガジン記事一覧 » 「お店のお客様はスタッフ全員のお客様」という考えを大事にし、スタッフが生き生きと働ける環境づくりを目指す
2013.11.12 Tue
「お店のお客様はスタッフ全員のお客様」という考えを大事にし、スタッフが生き生きと働ける環境づくりを目指す
第13回「採用・育成 成功のヒミツ supported by リジョブ 」は、オープンして1年3ヶ月ながら、東京都小金井市で早くも地域住民に支持されているサロン「AVIORA」です。
代表の鈴木健二さんにお話を伺いました。


rejob_131112


スタッフが生き生きと働ける環境を作りたい


–経営で大事にしている理念や考えをお聞かせください。

たくさんのお客様にお店に来ていただくためには、働くスタッフが生き生きとしていることが重要だと思います。

ですから、スタッフが働きやすい環境を作り、スタッフがずっとこのサロンで働き続けたいと思えるサロンにしていきたいと考えています。


福利厚生や社会保障などもしっかり整備することや、今の時代にあった教育を行うといったことも重要です。

私たちが若手の頃は、体育会系のノリで通用していましたが(笑)、今はそういう時代ではないです。

昔が良いとか、今が悪いとかではなく、スタッフが働きやすい環境にするには、時代の流れに柔軟に対応していかなければいけないと考えています。


お店のお客様は、スタッフ全員のお客様


–スタッフ教育について詳しく教えてください。


3~4年でスタイリストデビューできる教育カリキュラムを用意しています。 私は、アシスタントを必要以上に早くデビューさせようとは考えていません。3年はじっくりと、と考えています。

まだまだ小さいお店なので、オーナー自らマンツーマン指導ができる状況です。 じっくりと密度の濃い教育ができますので、他店と比べてもかなり質の高い技術を身につけられていると思います。


–1年でも早くスタイリストデビューをさせる、というサロンが増えてきていると聞いています。


そうですね。面貸しなども含め、スタイリストしかいないサロンもたくさんあります。

売上を作れる人材を増やして、歩合給を高くしてという流れです。

経営的には、間違っていないことだと思いますが、 そのような環境では美容師は個人プレーに走ってしまいがちです。

私のお店は、そのようにはしたくないです。


私は、「お店のお客様は、スタッフ皆のお客様」という考えで経営しています。

給与体系も、個人の歩合制ではなく、お店全体の売上目標に対して、上振れした分を賞与としてスタッフに支給する、という形を取っています。

皆でお客様を大切にして、皆で目標を達成していこう、というサロンにしていきたいです。


–人材採用で重視していることはありますか?


美容、ファッション、接客が好きであることがにじみ出ている人かどうか、を重視しています。

面接する側はいろんな経験をしているので、そういったオーラを感じとることができるものです。


オープンしてから半年後には人材募集を始めましたが、ようやく先月、アシスタントを1名採用しました。

その間、何人も面接しました。 人材が欲しいからといって、「誰でも良い」と焦ってはいけないと思っています。


厳しい環境であっても、ブレずに、コンセプトを貫き通すことが大切


–今後の美容業界をどのように見ていらっしゃいますか。


全国に22万件ある美容室は、近い将来10万件を下回る数に減っていくと言われています。

2件に1件が無くなってしまう計算です。


今後、業界はますます厳しい環境になると予測される中で、いかにブレずに美容室のコンセプトを貫き通すことができるかが、とても重要だと思います。


また、業務委託系の低価格サロンと高付加価値のサロンに二極化する流れも進んでいくと思います。

私たちは、安売りにはせずに、今のサロンの方向性をブレずにやっていきたいです。

もちろん、時代の流れに柔軟に対応することが必要な部分はあると思いますが。


–若い美容師さん、学生さんにひと言お願いします。


美容師は夢を持てる仕事です。私も自分のお店を持つことができ、素晴らしいスタッフと一緒に成長しながら、地域のお客様に喜んでいただける仕事ができています。

若い美容師さん、学生さん達にはぜひ大きな夢を持って、これからの美容業界を盛り上げていって欲しいと思います。


・AVIORA 公式サイト http://www.aviora.jp/
AVIORA 採用関連情報

リジョブ 公式サイト