知識人と美容師を繋ぐソーシャルウェブマガジン

美歴マガジン記事一覧 » 新人も含め、スタッフ全員が「自分たちで考え、自分たちでお店を作る」ことができるサロン
2013.10.29 Tue
新人も含め、スタッフ全員が「自分たちで考え、自分たちでお店を作る」ことができるサロン
第11回「採用・育成 成功のヒミツ supported by リジョブ 」は、都内で「CesLions」や「Aqure」など5店舗を展開する「株式会社セリオン」です。

全店舗を統括するグループマネージャーの向井さんにお話を伺いました。


向井様_131029


お客様に “ありがとう!” と言われる数の一番多いサロンになる


–経営で大事にしている理念、ビジョンをお聞かせください。

経営理念は2つあります。

「社員の物心共の幸せを追求し、社員を育て・守ること」そして、「美容を通してお客様の心身共の幸せと、地域の安定と成長に貢献する」というものです。


ビジョンは、「お客様に“ありがとう!”と言われる数の一番多いサロンになる」というものを掲げています。
美容を含め、接客の仕事をしていると、「お客様にお金をいただいた上で “ありがとう” を言われることは当たり前」と思ってしまいがちです。

でも実際は、お客様の期待を超えるサービスや行動ができたときにはじめていただける、とても貴重な言葉です。
スタッフ全員がその意識を持って仕事をする、というのをとても重要視しています。


スタッフ一人一人には、弊社の理念やビジョン等が書かれた「夢ブック」というものを配布しています。
毎朝1ページずつ唱和し、困ったときや迷ったときにはこれを見て、いつでも基本に立ち返り、考え、行動できるようにしています。


スタッフ全員が、「自分たちで考え、自分たちでお店を作る」ことができる


–スタッフの教育システムにはどのようなものがあるのでしょうか。


スタッフにはアシスタント、ジュニアスタイリスト、スタイリストと、3つのランクを用意しています。

2年でジュニアスタイリストデビューでき、そこから大体半年から1年くらいでスタイリストに上がっていくプログラムを用意しています。もちろん、それより早くデビューする人もいます。

ジュニアスタイリストは、大学生までのスクールカットメニューのお客様を担当しています。お客様の支持を集められるようになったら、スタイリストに昇格できるようなカリキュラムになっています。


店舗外観_131029


技術的なこと以外では、スタッフ一人一人が「自分たちで考え、自分たちでお店を作る」ことができるための取り組みを行っています。

具体的には、お店の発展に重要な、5つの項目について、スタッフ全員が必ずいずれかに参加するプロジェクトチームを編成し、各プロジェクトを進めるという取り組みです。


5つのプロジェクトとは、
  • ・エデュケーショナルプロジェクト(教育)
  • ・プロモーションプロジェクト (集客等)
  • ・コミュニケーションプロジェクト (社内コミュニケーション)
  • ・アーティスティックプロジェクト(撮影等)
  • ・広報プロジェクト(デザイン、ホームページ、人事等)
です。


–自分達で考えお店を作る、という取り組みは、幹部育成にもつながりそうですね。


そうですね。弊社の幹部になるには、「自分で考えられること」を条件にしているので、幹部育成にもつながっています。

それとは別に、幹部向けの勉強会も月2回、実施しています。
幹部だけの会と幹部を目指したい人が任意で参加できる会があります。
いずれも、サロンの問題や課題を議論し、「自分で考える」ことを養っています。


–人材採用で重視していることはありますか?


大前提としては、弊社のビジョンに共感できるかどうかです。

そして、自分自身が 「明るい」「人と話すことが好き」「素直な人」「人を喜ばせることが好き」「運がいい」と思っているかどうかも、重要な判断基準にしています。

実際どうなのかは別として、自分自身がそう思っているかを見ています。自己申告制です(笑)。


–「運がいい」というのは面白いですね。


「運がいい」と思っている人は、「周りに感謝できる人」と言い換えられると思います。

「自分の力だけではなく、周りの人や環境に恵まれて上手くいった」と感じている人は、「自分は運がいい」と考えているはずです。

周りへの感謝の気持ちを持っているかどうかは、一緒に働く上でとても重要な要素です


カットルーム_131029


人々の内面を幸せにできる美容師の地位向上が、業界の課題


–今後の美容業界をどのように見ていらっしゃいますか。


今後、情報化がさらに進み、何事もスピードがますます速くなる世の中になってくると、「気持ちを常に安定させること」って、とても難しくなってくると思います。

「美容」という仕事は、外面だけでなく、人の内面、気持ちをも幸せにできる、とても素敵な仕事です。

ですから、私たちの仕事は、社会にとって、今まで以上に重要になるべきです。



しかしながら、日本では、そのような美容師の価値を十分に認められていないのが現状です。美容学生も年々減り続けています。勤務時間や待遇面なども影響しているかもしれません。

待遇面などを改善しながら、社会貢献につながる仕事をし、美容師の地位向上を実現していくことが、業界の課題だと思います。


私たちは、掲げている理念やビジョンを大切にし、日々、お客様や地域の方々から「ありがとう!」と言っていただける仕事をしていれば、必ず美容師の価値が認められるものだと信じています。




・株式会社セリオン 公式サイト
http://www.ceslions.com/

Aqure / CesLions (株式会社セリオン) 採用関連情報

リジョブ 公式サイト