知識人と美容師を繋ぐソーシャルウェブマガジン

美歴マガジン記事一覧 » 経営理念の浸透と、アシスタント時代から指名客を獲得する教育システムで「個」を成長させる
2013.09.10 Tue
経営理念の浸透と、アシスタント時代から指名客を獲得する教育システムで「個」を成長させる
第4回「採用・育成 成功のヒミツ supported by リジョブ 」は、埼玉県南部の川口のサロン、「Sanctuary(サンクチュアリ)」です。

人口に対して、最も美容室の数が多いと言われる川口市。その中心部である川口駅から徒歩10分の住宅街で、ひときわおしゃれな店構えが目を引くサロンのオーナー、新谷さんにお話を聞きました。

サンクチュアリ店舗写真

「人」の成長を通じて、社会貢献をしたい

–経営で大事にしている理念、考えをお聞かせください。

弊社は「美を通して人を幸せにする」を経営理念に掲げています。美容を通じて、お客様・スタッフの幸せを追求し、社会貢献をしていこうという思いが込められています。その理念のもと、3つの経営方針を掲げています。

1つは、「個の発展」。自らの人間性の向上を通じて、お客様や地域、世の中の人々の発展に寄与していこうというものです。

2つ目に、「最新の情報サービスを提供する」ということ。これは、美に関して、常に新しいことにチャレンジし、お客様に最新の提案をしていこうというものです。

最後に、「私たちは心(ハート)で仕事をします」です。常に熱い想いで接客しようとうことです。


–「人」を一番大事に考えて経営をされているんですね。

そうですね。美容は、やはり「人」が行う仕事ですからね。いわゆる教育産業だと思っています。経営者としては、「人」「教育」を一番大事にしているという姿勢を見せることが重要だと考えていますね。
サロンでもその考えが浸透しているので、スタッフの仲間を大切にする気持ちがとても強く、仲が良いです。その雰囲気はお客様にも伝わるものですから、とても重要だと考えています。


アシスタント時代から指名客を獲得できる教育システム

–経営において、教育を大事に考えているんですね。具体的な教育システムはどのようなものなのでしょうか。

人間力トレーニングやモチベーションアップのためのミーティングなどを行っています。もちろん、技術的な教育システムも確立しています。

およそ1年半くらいでジュニアスタイリストに、そこから半年程でスタイリストデビューできるような教育システムを用意しています。その他にも、ミルボンの「Aujua(オージュア)」というトリートメントを基に、毛髪知識やカウンセリング、コミュニケーション能力の向上を図り、ケアリストを育成する教育システムを取り入れています。これはアシスタントの時期から実施しています。

これにより、アシスタントがケアリストとして、お客様の信頼を得て、指名をいただき、レベルアップができるんです。シャンプー指名や店販売上げなどのバックも得ることができ、また、スタイリストデビュー時の指名獲得につながっています。ですから、アシスタントもモチベーションを非常に高く保って、日々の仕事を行っています。


–幹部の育成という面ではいかがですか?

システムとして確立したものはありませんが、店長、副店長と行った役職はもちろんあり、役職に応じた具体的な役割を与えて、仕事をしてもらうようにしています。今後、店舗展開をすすめていく上でも、幹部教育の仕組みを確立していきたいですね。


新たな人材を採用するにあたっての方針があれば、お聞かせください。

一番重要なのは、何をしたいか、どうなりたいか、という考えを持っているかどうかですね。スタッフ一人一人の「こうなりたい」を応援したいし、かなえられるサロンでありたいので、面接のときはその点をしっかり聞いてます。


新谷さん写真1

経営理念を大事にし、浸透し続けることがサロンの発展につながる

–今後の美容業界の展望と、その中での御社の取り組みを教えてください。

最終的には、社会貢献ができるサロンになれるかどうかが重要だと考えています。そのために、スタッフ個々が人間として成長し続けられるサロンにしていく必要があります。スタッフの人間的な成長ができてこそ、お客様、そして地域の発展に貢献できるものだと思います。

マーケットとしては、低価格路線とトータルビューティー路線に分かれると思っています。その中で弊社はトータルビューティーを選択しますね。今度オープンする2号店は、まさにトータルビューティーを提供するサロンです。

ただ、どのようなサロンにしていくにせよ、大事なことは、やはり経営理念です。これをどれだけトップが大事にし、スタッフに浸透し続けられるかで、そのサロンが発展するかどうかに大きな差が出てくると思います。

弊社が掲げている理念に共感し、共に成長したいと思ってくれる人には是非仲間になってほしいと思います。


Sanctuary(サンクチュアリ) ホームページ
http://www.sanctuaryhair.jp/