必要とされる今後のサロンメニュー展開

美容室の存在



いまだに続く新型コロナでの感染。

一時期は緊急事態宣言が発令され。

理美容室を一旦休業する所も多く。

そこで資金や援助を貰うために動いた方もいらっしゃったと思います

しかし、政府の見解は理容室は休業要請がありながら美容室は人々のストレスの緩和に役立つ職業と認識され、要請はありませんでした。

今回の事で分かった事は、理美容室の存在は人々の心身により添える職業だと言う事。

でも、新型コロナで、遠方からのお客様や以前来ていた方が来なくなったりと何かきっかけがあるたびに接客業は考えなければなりません

では、このように変わってしまった場合。

今後、どのような事をしていく事が必要ななでしょうか?

winwinの関係性



ただ髪を切りに行くだけなら正直リーズナブルサロンに行って早くおわした方がいいのが心情です


※この記事は会員限定記事になります。
続きを購読されたいときは、無料会員登録をお願いします! すべての記事が1週間、無料で読み放題です。!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


******************
この記事は会員限定無料コンテンツとなります。

会員でない方は、美歴会員登録をすると、続きが閲覧できます。すでに会員の方はログインを、会員でない方は新規登録を行なってください。

関連記事一覧