• IT
  • It活用に関するコンテンツ

美容室DXに忘れてはいけない3つのポイント

美容室DXにおいて欠かせないポイント



美容室におけるDXをより確実性の高いもの、そして現実に即したものにするために必要なのは、「美容師」にとって有用性があるか、ないかだと思います。美容室のデジタル化でよくあるのが、作業が増えるということです。これはデジタル化、IT化、そしてDXにおいて誰が運用を作っているか、に大きく影響される面があります。 多くの場合、美容室デジタル化は、経営者主導で進められることが多いと思います。それはそれで問題ないのですが、デジタル化に期待するポイントがズレているケースが見られます。このズレがデジタル化の非定着に繋がっています。

以前の記事にも書いたのですが、DX=デジタルトランスフォーメーションです。デジタルを活用して事業に変革を起こすことがDXの核になると思っています。もっと大げさな書き方をすれば、デジタルを活用して、ビジネスモデルチェンジを起こすことがDXに求められます。



美容室DXを始めるにあたって重要な3つのポイントを段階を追って書き出してみます。


※この記事は会員限定記事になります。
続きを購読されたいときは、無料会員登録をお願いします! すべての記事が1週間、無料で読み放題です。!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


******************
この記事は会員限定無料コンテンツとなります。

会員でない方は、美歴会員登録をすると、続きが閲覧できます。すでに会員の方はログインを、会員でない方は新規登録を行なってください。

関連記事一覧