• HOME
  • 記事
  • 美容師
  • 『MUJIの新店舗がめざす”土着化”とは? 鎌倉店店長に聞く地域におけるブランドの役割』は美容室に生かせるか?

『MUJIの新店舗がめざす”土着化”とは? 鎌倉店店長に聞く地域におけるブランドの役割』は美容室に生かせるか?

新型コロナウィルスの感染拡大して以来、外出、遠出をする人は減りました。特に電車に乗って、都心部へ行く人の数は激減しました。店舗型ビジネスである飲食店、美容室などにとっては大打撃となっています。

しかし、よくよく調べていくと、外出者が減ることで打撃を受けるているのは、ターミナル駅に出店している店舗が中心になっています。これまでは大きな駅の近辺に出店していることが大きなメリットでしたが、今となってはそのことが足かせになっています。

そして、逆にローカルな店舗にお客さんが集まっています。今まで都心部の飲食店、美容室などに行っていた人たちが地元のお店を改めて”発見”しているのが現状です。つまり地元にお客さんが戻ってきているのです。これはローカルビジネスを展開する店舗ビジネスにとっては大きなチャンスです。

では、このチャンスをいかに掴んでいくのか。



地元客が中心のお店がすべきことはなにか?



小さな駅の周辺にある美容室であれば、先の記事にあるように、いかに地元に密着した展開ができるかが鍵になります。もちろん、すでに実行している人は多いでしょう。その美容室がどんな方法で地元のお客さんを獲得するか。



(1)新聞折込チラシ

(2)地元フリーペーパー広告

(3)ポスティング

(4)MEO


ターゲットとなるペルソナの人たちが利用しそうなツールを対象に広告戦略を実施すべきでしょう。恐らくホットペッパービューティー などの有料ポータルサイトに力を入れるよりも、これら地元に密着した媒体を利用するほうがいいでしょう。

しばらくコロナ禍は続くでしょう。今のうちに地元との関係性を再度、作り上げておくことが大事になります。有料ポータルサイトからの大きな集客量を必要としていないのであれば、必要最低限の客数を獲得することが大事です。であるならば、地元において必要な数のお客さまを獲得することに注力するべきです。

そして地元商店街や地元の企業などとの連携も必要になるでしょう。ポスティングに変わって飲食店などにチラシを置いてもらうことも効果がありますし、協力してくれるお店の従業員は特別割引もしくは無料でのご招待も効果的です。今こそ、地元での横の連携が求められています。実際にこれらの戦略を実行して成功している美容室がいくつもあります。



MEOに関して言えば、


※この記事は会員限定記事になります。
続きを購読されたいときは、無料会員登録をお願いします! すべての記事が1週間、無料で読み放題です。!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


******************
この記事は会員限定無料コンテンツとなります。

会員でない方は、美歴会員登録をすると、続きが閲覧できます。すでに会員の方はログインを、会員でない方は新規登録を行なってください。

関連記事一覧